■COMODO SGC Premium SSL サーバ証明書販売開始に関する件

「40/56bit等の古いバージョンのブラウザーにおいても、128/256ビットのSSL通信を可能にする件」

米国株式会社トリトン 日本支店 トリトン・インコーポレイテッド 2006年05月25日

■英国COMODOグループの戦略パートナーであるトリトン・インコーポレイテッドは、 Toriton,Inc SSL サーバ証明書の発行を行っておりますが、 この度、 COMODO SGC SSL サーバ証明書の販売も開始致しましたので知らせ致します。

■従来のSSLサーバ証明書は、40/56/128/256 ビットの各対応ブラウザーごとに対応された異なる暗号化通信を行うものですが、COMODO SGC(Server Gated Cryptography) SSL サーバ証明書は、強度の弱い40/56bit等の古いバージョンのブラウザーにおいても、128/256ビットのSSL通信を可能にします。40/56ビットの各対応状況で暗号化された後、128/256ビットの高度な暗号通信へ変換され128/256 ビット暗号化を実現します。

証明書は、現在99.8パーセント以上のブラウザに対応し、SGCは、アクセスするユーザーを更に安全に保つ為の解決策です。SGC SSL証明書は、1,000,000ドルの保証がついています。


COMODO SGC SSLサーバ証明書 税込み価格
1年 27,300円($249.99)
2年 48,800円($449.91)
3年 65,200円($599.88)


----------------------------------------------------------------------
関連URL:
----------------------------------------------------------------------
サービスURL: (リンク »)
Toriton,Inc.: (リンク »)
Comodo Group Inc.: (リンク »)

用語解説

SGCとは、Server Gated Cryptographyの略

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?