あらゆるハイエンド環境に対応し、驚愕の1000W出力を発揮するモンスター電源 ENERMAX GALAXYシリーズ「EGA1000EWL」発売

株式会社リンクスインターナショナル 2006年07月31日

ENERMAX正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル(本社
:東京都千代田区、代表取締役社長:川島義之)は、あらゆるハ
イエンド環境に対応した1000W電源ENERMAX GALAXYシリーズ
「EGA1000EWL」を2006年8月5日より、全国のパソコン専門店に
て発売を開始いたします。店頭予想売価は49,800円前後を予定
しています。



5系統の+12V出力(最大900W/75A)を備え、+12V1/V2はCPU
電力として、+12V3/V4はGPUを中心に各デバイスへ、+12V5は
追加のGPU用電力として、それぞれのシステムデバイスに安全で
安定した電力を提供いたします。さらに強力な出力をもつPCI-E
電源コネクタを4つまで使用することができ、ハイエンドグラ
フィクスカードによるクアッドGPU構成や、デュアルGPU構成に
安定性を提供いたします。また最大で24基ものハードディスク
を稼動させることもできます。



安全レベルを高めるため「EGA1000EWL」は、新しいパワーガー
ド機能を搭載しました。LEDライトおよび内蔵アラームを使って、
電源ステータスを表示します。異常な状態の場合、パワーガー
ド機能が電源をオフにしてシステムを保護します。最高レベルの
安全を実現するためOCP(過電流保護機能)、OVP(過電圧保護
機能)、UVP(不足電圧保護機能)、OLP(過負荷保護機能)、
SCP (漏電保護機能)による保護機能を搭載しています。


電源容量は1000W(ピーク時1100W)、ネイティブケーブル
(着脱ではない電源ケーブル)の電源コネクタ数は、メイン
24ピン電源コネクタ×1、8ピンCPU補助電源コネクタ×1、4ピン
CPU補助電源コネクタ×2、FM電源コネクタ×1、PCI-E電源コネク
タ×2、S-ATA電源コネクタ×3、ペリフェラル電源コネクタ×3。
モジュラーケーブル用のソケットは、PCI-E用の出力ソケット×2、
ドライブ用の出力ソケット×6。


添付されているのモジュラーケーブル数は、SATA電源モジュラ
ーケーブル×5、ペリフェラル電源モジュラーケーブル×3、ペリフ
ェラル電源+FDD電源モジュラーケーブル×2、PCI-E電源モジ
ュラーケーブル×2、4ピンCPU補助電源モジュラーケーブル×1。
本体には13.5cmファンと8cmファンのデュアルファンを搭載。サ
イズは150(幅)×86(高)×220(奥行)mm。重さは3.55kgです。




■製品特徴 - ENERMAX GALAXY EGA1000EWL
・あらゆるハイエンド環境に対応!驚愕の1000W出力
・5系統の+12V出力で安定した電力を供給
・最大で4枚のハイエンドグラフィクスカードに電源供給
・最大で24基のハードディスクに電源供給
・AMD推奨のベストシステム冷却デザイン
・豊富なネイティブケーブルとモジュラーケーブルソケット
・多数のモジュラーケーブルを添付
・着脱式ケーブルマネージメントでエアーフロー改善
・GALAXY アクティブPFC回路搭載
・最高の安全性!OCP、OVP、UVP、OLP、SCP
・異常を感知して停止するパワーガード機能を搭載
・MTBF10万時間の耐久性を実現





■より詳しい詳細は下記をご確認ください。
(リンク »)




■発売詳細 - ENERMAX GALAXY EGA1000EWL
-発売日
2006年8月5日

-製品型番
EGA1000EWL

-店頭予想価格
49,800円前後 (税込み)(OPEN)

-製品高解像度
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)
(リンク »)

-製品情報

(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

EGA1000EWL

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクスインターナショナルの関連情報

株式会社リンクスインターナショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?