データディレクト テクノロジーズ株式会社、XML開発を簡素化する新しいXMLパイプラインツールとXMLパブリッシングツールをサポートしたStylus Studio 2007をリリース

XMLアプリケーション全体をモデリング、編集、デバッグ、および展開するための 真の統合開発環境を世界で初めて実現します

データディレクト テクノロジーズ株式会社 2006年10月02日

データディレクト テクノロジーズ株式会社(以下データディレクト、本社:東京都新宿区)は、本日、Stylus Studio® 2007 XML Enterprise Suiteのリリースを発表しました。世界で広く利用されている受賞製品の最新リリースとなるこのXML IDEは、新開発XMLパイプラインツールとXMLパブリッシングツールを提供します。Stylus Studioの10年の歴史の中で群を抜く最も重要なリリースであると当社は自負しています。

Stylus Studio XMLパイプラインツールは強力なXMLアプリケーション設計ツールで、このツールを使用すると、ソフトウェアアーキテクトは、従来よりもより統合的なレベルでXMLデータサービスを設計できます。Stylus StudioのXMLパイプラインエディタでは、個々のスタイルシート、クエリー、スキーマ、WebサービスなどのXMLアプリケーションコンポーネントを手動で編集するのではなく、アプリケーション全体をさまざまなXML処理タスクのシーケンスとしてすばやく簡単にモデリングすることができます。たとえば、一般的なXMLアプリケーションでは、レガシーデータをXML形式に変換し、生成されたXMLドキュメントを検証してから、そのドキュメントをXQueryまたはXSLTを使用してHTMLまたはPDFに変換する作業が必要です。Stylus StudioのXMLパイプラインツールを使用すると、開発者は、豊富に用意された一般的なXML操作をツールパレットからキャンバスにドラッグアンドドロップし、アプリケーションのビジネス要件に基づいて操作を組み合わせるだけで、アプリケーションを視覚的に作成することができます。また、XQueryやXSLTなどのXMLドキュメントをファイルシステムからXMLパイプラインキャンバスに直接ドラッグアンドドロップすることもできます。

Stylus StudioのXMLパイプラインツールは、Stylus StudioのXSLTとXQueryの強力なデバッグツールおよびユーティリティをすべてシームレスに統合しているため、必要に応じてブレークポイントを設定し、アプリケーション全体、個々のコンポーネント、または一連のコンポーネントのデバッグを実行できます。XMLアプリケーションを実稼動させる段階になると、統合されたJavaコード生成ツールを使用して必要なコードを自動的に生成し、XMLアプリケーション全体を実稼動環境に展開して実行することができます。Stylus StudioのXMLアプリケーションデバッグツールおよびコード生成ツールは圧倒的な拡張性を備え、DataDirect XQuery、Apache Xalan、Apache Xerces、Microsoft .NET、MSXML、Saxon XSLT、Saxon XQuery、RenderX XEP、XSVなどの世界的に主要なXML、XQuery、XSL、およびXSLTプロセッサとのシームレスな統合を提供します。さらに、Stylus StudioのXML配置アダプタとの統合により、EDIやフラットファイルなどのあらゆるデータソースにシームレスにアクセスできます。
Stylus Studio 2007 XML Enterprise Suiteは、XMLアプリケーション開発を次のレベルにシフトし、XMLアプリケーション全体のモデリング、編集、デバッグ、展開などにより完全なXMLアプリケーションを構築するための直感的で生産性の高い環境を実現します。そのため、このStylus Studio製品は、世界初の真に統合されたXMLアプリケーション開発環境であると言えます。

Stylus StudioのXMLパブリッシャは強力なXMLレポートデザイナで、この製品を使用すると、シングルソースパブリッシング、コンテンツ管理、およびマルチチャネルパブリッシングアプリケーションで使用する高度なドキュメントレイアウトを作成できます。ビジネスユーザは、直感的なビジュアルインターフェイスを使用して高度なドキュメントレイアウトを簡単に作成し、XSLT 1.0、XSLT 2.0、またはXQuery 1.0を使用してXMLコンテンツをPDF、HTML、PostScriptなどの多様なドキュメント形式にパブリッシュすることができます。Stylus StudioのXMLパブリッシャでは、リレーショナルデータベース、XMLデータベース、Webサービス、フラットファイル(EDI、EDIFACT、X12、CSVなど)、XMLドキュメント、XMLスキーマドキュメントなどの数多くの異種データソースがサポートされています。
「端的に申し上げます。XML標準への準拠、開発者の生産性、アプリケーションのスケーラビリティ、コストパフォーマンスが組織にとって問題になっている場合は、Stylus Studio 2007 XML Enterprise Suiteのご購入をお勧めします」と語るのは、DataDirectのXMLプロダクトグループ担当戦略担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ、Robert Evelynです。「完全なXML製品をお求めのお客様は、是非DataDirect Technologies製品をご利用ください。本日発表したフル機能装備のStylus Studio 2007 XML Enterprise Suiteと、EDIなどの世界的に使用されている従来の形式のデータにアクセスするためのStylus Studio配置アダプタ、そして業界標準のクエリー言語を使用してXML、リレーショナルデータベース、Webサービス、従来の形式に簡単にアクセスできるエンタープライズ対応のDataDirect XQuery 2.0製品を組み合わせることで、将来にわたって皆様のXML関連の問題を解決します」
 

Stylus Studio® XMLパイプラインの概要
Stylus StudioのXMLパイプラインツールは、個々のアプリケーションコンポーネントではなくアプリケーション全体をモデリング、編集、デバッグ、および展開する包括的な方法を提供することで、XMLプログラミングのための真の統合開発環境を世界で初めて実現します。次に、新しいStylus Studio XMLパイプラインツールの特徴をいくつか示します。

・ビジュアルエディタの使用により、データに適用するXML処理操作をいくつでも指定およびリンク可能

・データの変換、検証、クエリー、パブリッシュなどの多数のXML処理操作をサポート

・別のXMLパイプライン内でのXMLパイプラインの再利用

・XMLパイプラインのデバッグを完全にサポート

・複数言語にまたがるデバッグをサポート(XSLTまたはXQueryへのステップイン)

・XML検証操作の結果やXPath式の結果などのさまざまな条件に基づいたパイプラインフロー制御の定義

・XMLアプリケーションの一部ではなく全体を展開するためのJavaコードの生成

・拡張性に優れた実行フレームワークにより、開発者はXML検証、XSLT、XSL:FO、およびXQueryにさまざまなプロセッサを選択可能

Stylus Studio® XMLパブリッシャの概要
Stylus StudioのXMLパブリッシャを使用すると、コンピュータサイエンスの専門知識がなくてもXMLおよびリレーショナルデータからプロフェッショナル品質のレポートを簡単に作成できます。次に、Stylus Studio XMLパブリッシャの特徴のごく一部を示します。

・スタイルシートを視覚的に設計し、PDF、HTML、PostScriptなどのドキュメント形式にパブリッシュ可能

・リレーショナルデータベース、XML、Webサービス、EDI、X12、EDIFACT、IATA、CSVなどの多種多様なレガシーファイル形式のデータソースにアクセス可能

・XSL:FOまたはHTML出力を生成するためのXQueryまたはXSLT 1.0 / XSLT 2.0の生成

・RenderX XEPおよびApache FOPとの統合

・表、リスト、テキストブロック、イメージなどのリッチ形式をサポート

・XPathに基づく反復、フロー制御、および条件をサポート

・XMLパイプラインとの統合により、大規模なXMLワークフローアプリケーションの一環としてXMLパブリッシングが可能

Stylus Studio XMLパイプラインとStylus Studio XMLパブリッシャは、どちらもStylus Studio 2007 XML Enterprise Suiteに同梱されています。

Stylus Studioについて
Stylus Studioは、プログレスソフトウェアコーポレーションの事業子会社であるデータディレクトテクノロジーズ社の製品の一つです。業界でもっとも画期的なこのXML IDEは、XMLとその関連テクノロジであるXSL、XSLT、XMLスキーマ、DTD、SOAP、WSDL、EDI、SQL/XML、XMLマッピング、Webサービス、レガシーデータ統合およびXQueryの高度なサポートを提供しています。最先端を行く世界中のソフトウェア開発者が使用しているStylus Studioは、その画期的な機能でXMLプログラミングを容易にし、開発者の生産性を向上させます。詳しい情報についてはStylus StudioのWebサイトをご覧ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!