ZigBee機器開発キットを15,000円で提供

「ジャンプスタートキット」プログラム第二弾を12月1日から実施

ディジ インターナショナル株式会社 2006年12月01日

ディジ インターナショナル株式会社(本社・渋谷区、根津嘉明代表)は、2006年12月1日から、ZigBeeに対応した組込み開発キット「ZigBeeジャンプスタートキット」を15,000円(税込)で提供します。

商用/産業機器のネットワークコネクティビティを提供するディジ インターナショナルでは、今年の夏にZigBeeを中心とした信頼性の高い無線モジュールとボックス製品のリーディング企業であるMaxStream社(米国ユタ州)を買収し、新たにZigBeeベースの無線テクノロジーの販売を開始しました。このたびの「ジャンプスタートキット」は、MaxStreamブランドの認知とZigBee製品の日本市場への拡大を目的に、ZigBee開発キットを15,000円(税込)で提供するものです。
 
このたび提供する開発キットはMaxStreamの「XBee Starter Kit」(XB24-DKS)です。低消費電力のワイヤレスセンサーネットワークを実現するZigBee/IEEE 802.15.4準拠のXBeeモジュールにより、迅速かつ低コストでZigBeeネットワーク機器を開発できるものです。本キットには、ロングレンジのワイヤレスデータリンクを即座に生成・テストするためのハードウェアおよびソフトウェアを含みます。また、同梱されるモジュールは業界団体ZigBee AllianceよりZigBee製品認証(ZigBee Certified Product)を取得済みです。

当社では、すでにRabbitブランドの開発キットを対象にしたジャンプスタートキットキャンペーンを実施中で、今回のZigBee開発キットの提供はその第二弾となります。機器メーカのネットワーク開発における初期費用や開発費用を抑え、市場からの急なネットワーク要求にも即座に対応を可能にし、デバイス ネットワーキングのマーケットを急速に立ち上げることが狙いです。引き続き、信頼性が高く、日本のカスタマー環境に適した当社のネットワーキングソリューションを市場に広くアピールしていきます。
 
キャンペーンは、2006年12月1日からスタートし、2007年1月31日まで実施します。キャンペーンサイトは、www.digi-intl.co.jp/campaign/

■ディジ インターナショナルの概要
社名:ディジ インターナショナル株式会社
所在地:東京都渋谷区桜丘町22-14 NESビルS棟8F
   TEL 03-5428-0261  FAX 03-5428-0262
代表者:日本法人代表 根津 嘉明(カントリー マネージャ)
   ジョー・ダンズモア(代表取締役 兼 米国Digi International 社CEO)
設立:2001年3月1日
資本金:1,000万円
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

XBee ZigBeeモジュール

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディジ インターナショナル株式会社の関連情報

ディジ インターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!