編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

USBメモリーのコピープロテクトサービス開始

~ユーザー環境と時代に即したラインセス形態~

イーディーコントライブ株式会社

2005-04-26 04:20

イーディーコントライブ株式会社(代表取締役社長 山口 征浩 大阪府大阪市:証券コード 7853)は、4月に販売を開始した『Safety Disclosure USB』に利用されているUSBメモリーのプロテクト技術を利用し、USBメモリーから実行出来るタイプのソフトウェアや各企業で利用されているマニュアル・教育資料などのコピープロテクトサービスを5月より正式に開始いたします。
■概要
パソコンを複数台所有しているユーザーが増加する一方、ソフトウェアの提供形態として1台のマシンにしかインストールすることが出来ないことは、著しくユーザビリティを低下させており、不正コピーを行う動機ともなっております。
今回のサービスにより、USBメモリー内のソフトウェアにプロテクトを施すことが可能になり、今まで「1CPUに対して1ライセンス」を基本としていたソフトウェアのライセンス形態が「1ユーザーに対して1ライセンス」での提供が可能になります。
また、ユビキタス時代への移行期において自宅やオフィス以外の環境でもコンピュータの利用が可能になる中、小さなUSBメモリーひとつで様々な場所へ自分の利用するソフトウェアの環境を持ち運ぶことが出来ます。

現在、企業内で利用されるPCはCDドライブを搭載していないマシンが増加していることから、USBメモリーによるデータの頒布は増加傾向にあり、USBメモリーのプロテクトに対する需要も増えつつあります。
また、社内マニュアルや社員教育用のデータなどに関しては、定期的な更新が必要なため書き換え可能なUSBメモリーが利用される傾向にあります。
オプションのバージョンアップ機能と組み合わせることにより、管理者の手をわずらわせない各種データの更新などの運用が可能になります。


■主な機能
・USBメモリー内に書き込まれたソフトウェアはUSBメモリーの固有キーによりプロテクトされているために、他のUSBメモリー(同一のUSBメモリーでも固有キーは異なります)にソフトウェアをコピーしても起動が不可能です。
・ユーザーはソフトウェアのインストールの必要が無いため初心者にも優しいソフトウェア提供が可能になり、ソフトウェアベンダーにおいてもユーザーサポートの負荷を軽減します。
・CDドライブを搭載しないPCでの利用が可能。


■オプション機能
・ソフトウェアのバージョンアップはサーバー側のUSBメモリーの固有キーに合わせてソフトウェアを生成するプログラムにより、プロテクトを施したままのバージョンアップが可能。
・暗号化プログラムを組み合わせることにより、各種ファイルの暗号化も可能。


■サービス提供価格
・コピープロテクションサービス
500本:50万円より
※USBメモリーの価格は含みません。

・オプションに関してはお問い合わせください。

※イーディーコントライブ、イーディーコントライブロゴ、すべてのイーディーコントライブ製品名、イーディーコントライブ製品ロゴは、イーディーコントライブ株式会社の商標または登録商標です。その他の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

≪本件に関するお問い合わせ先≫
イーディーコントライブ株式会社 Team CONVICTION
E-Mail : conviction@ed-contrive.co.jp
電話: 03-5821-3300
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]