セミナー掲載サイト「セミナる。」の無料期間が延長中

セミナー情報をWeb上から無料掲載でき、サイトを通じての参加人数に応じて課金するサイト「セミナる。」が、年内いっぱい参加人数が何名でも無料とする開放期間を延長中。

クラフトマン株式会社 2005年11月24日

「セミナる。」は雇用の創出につながる技術セミナーやマーケティング手法のセミナーなどの活性化を目的としたサイトです。申し込み人数ではなく、参加者ごとの課金、大規模セミナーにおける固定枠課金などの課金システムで安心してご利用できます。また、参加者には、ポイントを還元。主催者と参加者の両方にメリットが出る仕組みになっております。 << http://seminaru.jp >>

現在、日本の各地で毎日のように行われているセミナーやシンポジウム。
そのテーマもITや新技術、健康や福祉、留学などの身近な問題から投資、国際問題、環境問題など様々です。
そしてその中には、人それぞれ興味のある分野があるはずです。
しかし、実際にセミナーやシンポジウムに足を運んだことのある人は少ないのではないでしょうか。

その理由のひとつとして、セミナーやシンポジウムの開催情報を得る手段が
限られていたことがあげられると思います。

そこで、クラフトマン株式会社(所在地:東京都立川市/代表者:石田弘幸)では、
9月30日よりセミナーマッチングサイト『セミナる。』のサービスを開始いたしました。

『セミナる。』では、全国各地、さまざまなジャンルのセミナーに関する情報を掲載。
掲載されたセミナーにWeb上で申し込むことが可能です。
さらに、サイトに会員登録を行うことで、会員は自らの希望にあわせたセミナー情報をメールで受け取ることができます。

セミナー情報は主催者側が選択したカテゴリと、会員が予め登録時に選択していたカテゴリが一致するとメールで配信される
「One to Oneマッチング」システムを採用しています。

また『セミナる。』を通じてセミナーに参加するとポイントが加算され、商品と引き換えることが可能です。

『セミナる。』は、新技術や規制緩和等の法律関係、マーケティング技術など、
新しい産業を生み出す可能性があるセミナーが多数開催され、結果、雇用の創出に繋がることを目的として開設されたサイトです。

そのため、掲載時におけるハードルを低くするため主催者側の掲載料は無料で、
『セミナる。』を通じてマッチングが1名生じるたびに課金する成果報酬型という形態をとっています。
無料の場合、1名1,000円/有料の場合、1名1,000円+参加料金×0.05(いずれも税別))。

さらに、セミナー主催者様にも2005年度中に開催されるセミナーに関して、マッチング料を無料で開放いたします。

この機会にぜひ、セミナーマッチングサイト『セミナる。』をご利用ください。

【会社概要】
 ■会社名 :クラフトマン株式会社
 ■代表者 :石田弘幸
 ■資本金 :1,000万円
 ■設 立 :2003年9月
 ■所在地 :〒190-0004
       東京都立川市柏町4-2-3 B202
 ■TEL   :042-538-4720
 ■FAX   :042-538-4721
 ■URL   : (リンク »)
 ■事業内容:サイト企画・運営販売代行

【本件に関するお問い合わせ】
 ■担当者 :石田 弘幸
 ■Email  :ishida@craftsman.cc

用語解説

「One to Oneマッチングメール」とは、
不必要な情報が多くスパム化されがちな情報メールを、興味があるカテゴリだけ先にチェックしておくことで、そのカテゴリの情報だけを受け取れるようにした「ひとりひとりに合った」メール形態のことを指します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

クラフトマン株式会社の関連情報

クラフトマン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?