Eラーニング、Web会議システム運営者のための、周辺機器に関するアフィリエイト型アウトソーシングサービス開始のお知らせ

Eラーニング事業者およびWeb会議システム運営事業者を対象とした、周辺機器に関するアフィリエイト型アウトソーシングサービスを開始しました。

株式会社むさしの・オンライン 2006年02月14日

ITビジネス・Webサービス・技術関連事業者向けの事業開発支援および経営支援と、IT関連サービスの企画開発を行う株式会社むさしの・オンライン(本社:東京都武蔵野市、代表取締役:飯島 直紀)は、同社が運営するEラーニング・Web会議とモバイルアクセスの周辺機器ECショップ(URL: (リンク ») )にて、Eラーニング事業者およびWeb会議システム運営事業者を対象とした、周辺機器に関するアフィリエイト型アウトソーシングサービスを開始しました。

このサービスは、手書き入力装置やPCカメラなど、生徒やユーザーが必要な周辺機器を取り揃えてお届し、ユーザーをご紹介いただいた事業者へ手数料を還元する仕組みであり、運営事業者にとっては周辺機器の調達等の業務から開放され、コンテンツの開発などに集中していただけるアウトソーシングサービスとしてアピールし、利用事業者の拡大を図ってまいります。

【当サービスの対象事業者】
当サービスの対象は下記の通りとなります。
<Eラーニング事業者>
 パソコンを使った学習塾などを運営する事業者
<Web会議システム事業者>
 インターネットパソコン会議・講義システムの開発メーカー、サービス運営事業者

【提供サービスの内容】
当社が運営するECショップにて、上記の対象事業者の皆様に、アフィリエイトとしてご登録いただき、生徒の方、ユーザーの方などをご紹介いただきます。当ECショップにて取り扱いの手書き入力装置、PCカメラ、ヘッドセットを、ユーザーが購入した場合、登録の事業者の皆様に手数料をキックバックする仕組みです。
対象商品は、当社ECサイト「Eラーニング・Web会議」カテゴリ内商品の他、事業者の皆様に指定していただいた動作確認機種などの周辺機器を当社にて取り寄せ、必要な商品とセットして発送することも可能となっております。
Eラーニング運営者やWeb会議サービス運営者にとって、周辺機器の調達から発送などにまつわる業務をアウトソーシングすることで、コンテンツやシステムの開発、営業面に集中していただくことが可能になるサービスです。

【お申し込みについて】
当サービスをご利用いただくには事前のご登録が必要となります。
詳しくは当社ECサイト(URL: (リンク ») )より、お問い合わせ下さい。

【株式会社むさしの・オンライン 会社概要】
会社名: 株式会社むさしの・オンライン
本社: 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1
サポート: 〒106-0047 東京都港区南麻布1-13-8 麻布技建ビル2F
TEL:  03-3453-8610
FAX:  03-4477-4610
資本金: 1000万円
事業内容: オンラインビジネスの立ち上げ支援業務
      オンラインシステムの開発
      ITを利用した中小企業を中心とする経営サポート
      ITビジネスや技術サービスに特化した、事業開発部門・経営企画部門のアウトソーシング

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社むさしの・オンライン
東京都港区南麻布1-13-8 麻布技建ビル2F
TEL:03-3453-8610 FAX:03-4477-4610
E-mail:info@musashino-online.com
担当:飯島

【関連URL】
株式会社むさしの・オンライン
⇒ (リンク »)
Eラーニング・Web会議とモバイルアクセスの周辺機器専門ショップ
⇒ (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社むさしの・オンラインの関連情報

株式会社むさしの・オンライン

株式会社むさしの・オンラインの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!