ワールドカップ観戦の宿泊でお悩みの方に朗報! 特集『周辺国から行く ワールドカップ2006ドイツ大会への旅』掲載

株式会社アップルワールド 2006年03月16日

株式会社アップルワールド(代表取締役社長 竹中公道 以下アップルワールド)は、運営する海外ホテル料金比較予約サイト『アップルワールド.com』( (リンク ») )において、ワールドカップ観戦者にとって非常に困難となるホテルの部屋をドイツの周辺国で確保し、鉄道を利用して試合会場の都市に入るという今までにない、新たな切り口からの提案をする特集『周辺国から行く ワールドカップ2006ドイツ大会への旅』を掲載致しました。


ワールドカップは各国のサポーターが大挙して押し寄せる為、ドイツ国内のホテルはお部屋の確保が非常に困難となります。現在アップルワールドでは、予めホテルから受け取っている部屋が残っている場合は確保が可能ですが、今後は部屋の確保は難しくなっていきます。サポーターにとっては頭を悩ませる問題です。

そこでアップルワールドでは、特集『ドイツ周辺国から行く ワールドカップ2006・ドイツ大会への旅』をスタート致しました。周辺国で宿泊の部屋を確保して、ヨーロッパの発達した鉄道網を利用して試合会場に入るスタイルを提案しており、その為の、各試合会場への鉄道でのアクセスが便利なフランスやチェコなど周辺国の6都市(パリやプラハなど)、18軒のホテルをご紹介しております。これにより、多くのサポーターが抱える宿泊ホテルの手配という悩みを解決できるものと考えております。
 
今回提案しております『鉄道を利用する』というスタイルは難しいと抵抗を感じるお客様も多いのですが、実際には非常に簡単でスムーズにご利用頂けます。この特集は日本で唯一のドイツ鉄道代理店である鉄道の旅との共同特集となっております。ドイツ鉄道は、ドイツという国がヨーロッパの中心部に位置する為に、周辺国からの乗入れも多く、最も豊富な商品力を持っています。そういった商品の全ての販売権利を持つ鉄道の旅提供の「周辺国の各都市から試合会場までのアクセス方法」「最寄り駅」「列車の時刻表」「駅構内マップ」「地下鉄駅から会場までの道筋」「列車のチケットのご案内」「ヨーロッパ鉄道の旅お役立ちコラム」を掲載しておりますので、初心者でも簡単にご利用頂ける情報の提供をしております。もちろん実際の鉄道パス・乗車券・指定券の予約も可能です。

特集『ドイツ周辺の国から行く ワールドカップ2006・ドイツ大会』ページ

⇒ (リンク »)

                                以上
------------------------------------------------
<このプレスリリースについてのお問い合わせ先>
株式会社アップルワールド
担当:武原 等(たけはら ひとし)
   落越 宣夫(おちこし のりお)
E-mail:hotel@appleworld.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アップルワールドの関連情報

株式会社アップルワールド

株式会社アップルワールドの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!