KBS京都、ポッドキャスティングで京都情報を発信

地元放送局による全国の京都ファン向けの音声コンテンツ配信

株式会社京都放送 2006年03月20日

eラーニングならぬ京都ラーニングとして、「ポッドキャストで触れる京都の文化」をテーマに「京ことば」と「京都検定」関連番組を配信します。

KBS京都は2006年3月17日より、ホームページ上で
ポッドキャスティングによる音声コンテンツの配信を開始いたしました。

今回スタートした“podcasting-KBS”では
KBS京都のラジオのコンテンツの中から、
京都ファン向けのプログラムをお届けしています。

「ポッドキャストで触れる京都の文化」をテーマに、
「京都ラーニング」として「京ことば」と「京都検定」についての
コンテンツを配信します。

2種類の音声コンテンツから開始しますが、今後、京都ファンの期待に応えるべく京都ならではのコンテンツを充実させ、動画コンテンツにも取り組んで参ります。

<コンテンツメニュー>
 ①ぽっどきゃすと 京ことば(週1回更新予定)
  「けなるいなあ」「へぇおおきに」独特の響きを持つ 京ことばを配信!
  ことばの響きの向こうに漂う「京の文化」をお聴きください。

 ②京都検定!なるほど研究所(週1回更新予定)
  京都以外からの受験者も多い「京都検定」にちなんだラジオ番組を
  ダイジェストでお送りします。
  週替わりのテーマについて京都を極めた”研究所教授”にお話を伺います。
  あなたも”研究員”になったつもりでお聴きください。
  京都検定クイズも受験対策に最適です。

このプレスリリースの付帯情報

Podcasting-KBS画面イメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社京都放送の関連情報

株式会社京都放送

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?