ブログ検索のBlogHeaderがポッドキャスト検索を提供開始

ピアミージャパン株式会社 2006年10月12日

インターネット上の音声コミュニケーションの促進を目指す、ピア・ツー・ピア音声通信技術会社、PeerMe, Inc.の日本法人、ピアミージャパン株式会社は、ブログ検索BlogHeaderにおいて、ポッドキャスト検索の提供を開始しました。また、本日よりブログヘッダーのトップページを刷新いたしました。

インターネット上の音声コミュニケーションの促進を目指す、ピア・ツー・ピア(P2P)音声通信技術会社、PeerMe, Inc. (本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:トム・ラサター)の日本法人、ピアミージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:榮完治、URL: (リンク ») )は、ブログ検索BlogHeader(URL: (リンク ») 、以下、ブログヘッダー)において、ポッドキャスト検索(URL: (リンク ») )の提供を開始しました。また、本日よりブログヘッダーのトップページを刷新いたしました。

ブログヘッダーのポッドキャスト検索は音声と動画の両方に対応し、ブログヘッダー内のすべてのマルチ検索窓からキーワードなどを入力して、直接ポッドキャスト検索をすることが可能です。検索結果で表示されたサイトやポッドキャスト記事は、ブログヘッダーが提供するブックマーク共有サービス「Social BookMarks(ソーシャル・ブックマークス、以下SBM)」やブックマーク一時保管サービス「WebClips(ウェブクリップス)」に登録が可能です。(注:SBM並びにWebClipsを利用するにはアカウントの登録[無料]が必要です。)

ポッドキャスト検索のトップページ(URL: (リンク ») )では、新着のポッドキャストやHOTポッドキャストなどを表示し、ユーザーに常に新しいポッドキャスト情報を提供します。また、登録ユーザーによって投稿された新着のレビューも最大10件表示されます。ポッドキャスト・レビューは、サイト単位ではなく各コンテンツごとに投稿でき、5段階評価とコメントを投稿することができます。トップページや検索結果で表示される各ポッドキャスト名の横に表示される「再生アイコン」をクリックすることで、コンテンツを別ウィンドウで開いて再生するので、気に入ったポッドキャストはすぐにブックマーク登録やレビューの投稿が可能になります。投稿されたレビューは、各ポッドキャストサイトの詳細ページでも閲覧が可能です。詳細ページでは、レビュー以外にもサイトのURLや新着ポッドキャストの一覧などが表示されます。またiTunes (R) への登録も詳細ページよりワンクリックで行えます。

ブログヘッダーは、これからもユーザーが求める情報を見やすい形で届けるために、様々なサービスを提供してまいります。


ポッドキャスト検索トップページのスクリーンショット:  (リンク »)

ブログヘッダー新トップページのスクリーンショット:  (リンク »)

用語解説

PeerMe Inc.について

2004年に設立されたPeerMe Inc. (www.PeerMe.com)は、カリフォルニア州マウンテンビュー、東京、韓国、中国、インド、ブルガリア、テキサス州オースティンに事務所がある国際的な独自のピア・ツー・ピア通信技術会社です。PeerMeはVoice over Internet Protocol (VoIP)でPC間、PCと携帯端末間において、インターネット接続を介した音声通話、インスタント・メッセージ、ファイル転送を提供するピア・ツー・ピア・プラットフォームを開発しました。PeerMeのビジョンは、ウェブを音声対応にすることを通して人々の繋がりをインターネットに導くことです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ピアミージャパン株式会社の関連情報

ピアミージャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!