編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

カカクコム、ユーザー参加型の為替相場予想サイト 『外為羅針盤』を新規オープン

“ケインズの美人投票”のネット上での具現を試みる

株式会社カカクコム

2006-11-08 13:00

株式会社カカクコム(東京都文京区 代表取締役社長 田中実、東証コード:2371、以下カカクコム)は、個人投資家の外貨投資意欲および、市場に与える影響力の高まりを背景に、子会社の株式会社カカクコム・フィナンシャル(東京都文京区代表取締役社長 木島俊哉)※1にて、ユーザー参加型の為替相場予想サイト『外為羅針盤』を新たに提供開始いたします。
参照URL: (リンク »)


『外為羅針盤』は、カカクコムグループの持つCGM(コンシューマー・ジェネレーテッド・メディア)のノウハウを生かした金融情報サービスにおける、全く新しい形のユーザー参加型サイトです。
通貨やテーマ別の掲示板、各種投票機能を設け、ユーザーが為替に関して積極的に意見交換ができる場を提供します。
提供情報は、リアルタイムレート・チャート、為替関連ニュース、主要金融機関の相場予想など、対象通貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン、カナダドル他17通貨におよび、利用者は、簡単なID登録を行うだけで、Myページ(自分専用の管理ページ)を持つことができ、通貨や相場のキーワードごとに整理された掲示板への書き込みを自由に行えます。※2
また、自分が関心を持った書き込みについては、書き手のプロフィールや発言をまとめて閲覧することもできます。さらに、キーワードごとの掲示板に設けられた投票機能からは、円相場に関連するイベントについて、今、何が最も注目され、何が議論されているかが一目でわかるようになっており、これにより「ケインズの美人投票」のネット上での具現を試みます。


まずはβ版での開始となりますが、今後は、参加者の予想レンジの集計や
ソーシャルブックマーク機能などを追加し、ユーザー参加型の為替相場
予想サイトとしての更なる機能拡大を図ってまいります。


※1:株式会社カカクコム・フィナンシャルは、外国為替証拠金取引サイト
「価格.com外為」を運営する株式会社カカクコムの100%子会社です。


※2:価格.com ID:無料で価格.com、食べログ.com等の全てのサービスが
利用できるプラットフォーム、尚、閲覧に関しては登録の必要はありません。


【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役:田中 実
事業理念:ユーザー本位の新しい購買支援サービスを創出しつづける


事業内容:
価格比較サイト『価格.com』の企画・運営
・パソコン、同周辺機器、家電その他の価格情報・商品情報提供
・保険、通信分野のサービス・料金比較情報提供
・インターネット広告
・情報コミュニティの運営 など
直前ホテル予約サイト『yoyaQ.com』の企画・運営
・宿泊施設(ホテル)の価格情報・商品情報提供
グルメコミュニティサイト『食べログ.com』の企画・運営
・レストランのクチコミ情報提供


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム  広報担当 甲斐かおり
tel:03-5805-7511 fax:03-5805-7537
mailto: pr@kakaku.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]