3.0~6.0MHz セラミック発振子「CRHFC-LL/CRHTC-LL」を販売開始

東光株式会社 2006年12月18日

東光は、家電(白物)や赤外線リモコン及び各種制御用としての信号発生用に最適な、3.0~6.0MHz帯セラミック発振子「CRHFC-LL/CRHTC-LL」の販売を開始しました。

CRHFC-LLはC外付けのMHz帯セラミック発振子、CRHTC-LLはC内蔵のため負荷容量(C1、C2)が不要です。また、テーピング対応品としてCRHFCP/CRHTCPを用意、無調整で高精度の発振周波数が得られます。

【主な特徴】
・無調整で高精度の発信周波数が得られる
・負荷容量(C1, C2)が不要
・各種ICとの組み合わせが容易
・テーピング対応品
・RoHS指令対応
【主な用途】
・各種マイコン用基準信号発生器(各種家電機器、OA 機器)
・各種リモコン用基準信号発生器(TV、VTR、エアコン、CDプレーヤ、照明器具)
・計測機器、通信機器、玩具などのデジタル応用機器


【「CRHFC-LL」の製品紹介】
(リンク »)

【「CRHTC-LL」の製品紹介】
(リンク »)


■製品に関する問い合わせ先
東光株式会社 営業センター(首都圏営業部)
〒145-8585 東京都大田区東雪谷2-1-17
TEL:03-3727-1168、FAX:03-3727-1169

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

東光株式会社の関連情報

東光株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!