ドリコムジェネレーティッドメディア、ブログの読者向け求人広告掲載サービス『ドリコムジョブボード(β)』提供開始

株式会社ドリコム 2006年12月18日

報道関係者各位
2006年12月18日
株式会社ドリコム
株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア

ドリコムジェネレーティッドメディア、
ブログの読者向け求人広告掲載サービス『ドリコムジョブボード(β)』提供開始

株式会社ドリコム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内藤裕紀、東証マザーズ
上場:証券コード3793)の連結子会社である
株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア(本社:東京都渋谷区、代表取締
役:内藤裕紀)は、2006年10月31日より求人情報専用検索サイト
『ドリコムキャリアサーチ』の付随サービスとして提供してまいりましたブログ
の読者向け求人広告掲載サービス『ドリコムジョブボード』を大幅にリニューア
ルし、本日からβサービスとして提供開始することを発表いたします。

『ドリコムジョブボード(β)』は、ブログ運営者が手軽にブログパーツの1つ
としてジョブボード(※)を無料で設置できるようにしたサービスで、企業の採
用担当者は、求人広告を特定のブログの読者に向けピンポイントで出稿でき、ブ
ログ運営者は、アフィリエイト以外の新たな収益源として広告収入(掲載費は
1,000円~1,000,000円の範囲で段階的に設定)を見込めます。
また、『ドリコムジョブボード』への掲載と同時に『ドリコムキャリアサーチ』
のジョブボード一覧にも求人情報が掲載されるため、求職者は双方のサービスを
利用して求人情報を探せます。

従来、企業の求人広告は、求人情報サイトなどのいわゆるヘッド型のメディアに
留まっておりましたが、『ドリコムジョブボード』により、ロングテール型メ
ディアである個人のブログに対しても求人広告の出稿が可能となります。

※ジョブボード(Job Board)
海外のIT関連のブログやニュースサイトが始めたブログと親和性が高い求人情報
掲載掲示板

■ドリコムジョブボード( (リンク ») )
ブログ運営者が手軽にブログパーツの1つとして無料でジョブボード(ブログの
読者向け求人情報掲示板)を設置できるサービス。広告掲載費は、ブログ運営者
が、1,000円~1,000,000円の範囲で段階的に設定可能。

■ドリコムキャリアサーチ( (リンク ») )
2005年9月に開始した求人情報専用検索サイト。企業の採用ページや約100の求人
情報サイトから求人情報の一括検索が可能。

【株式会社ドリコム 会社概要】
会社名:株式会社ドリコム( (リンク ») )
本社:東京都渋谷区恵比寿一丁目23番23号 恵比寿スクエア4F
資本金:403百万円
事業内容:
法人向けブログソリューションの提供/個人向けブログサービスの提供/
法人向け検索ソリューションの提供/個人向け検索サービスの提供

【株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア 会社概要】
会社名:株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア
( (リンク ») )
本社:東京都渋谷区恵比寿一丁目23番23号 恵比寿スクエア4F
資本金:65百万円
事業内容:
個人向けブログサービスの提供/個人向け検索サービスの提供

ドリコム、Drecom、ドリコムロゴは株式会社ドリコムの登録商標です。
また、各社の会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
株式会社ドリコムジェネレーティッドメディア 広報担当:徳田匡志
TEL:03-5791-4555 FAX:03-5791-4556 E-mail:pr@drecom.co.jp
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿一丁目23番23号 恵比寿スクエア4F

なお、報道発表資料の配信先の変更、および配信の中止を希望される場合は、
pr@drecom.co.jpまでご連絡ください。


※本報道発表資料は、ドリコム公式サイト
( (リンク ») )でもご覧頂けます。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!