公衆無線LAN接続サービスを展開するトリプレットゲート ソフィア総合研究所と提携

~ モバイル環境におけるインターネット接続のサービス提供を共同で実施 ~ 

株式会社トリプレットゲート 2007年02月26日

ワイヤレスブロードバンド・プラットフォームを提供する株式会社トリプレットゲート (リンク ») (東京都品川区、代表取締役CEO 池田 武弘、以下 トリプレットゲート)は、企業向けインターネット事業のコンサルティング・インテグレーションを提供するソフィア総合研究所株式会社 (リンク ») (東京都中野区、代表取締役所長 杉本 太、以下 SRI)と業務提携を行い、モバイル環境におけるブロードバンドインターネット接続のサービス提供を共同で開始することで合意しました。

公衆無線LAN接続については、接続可能エリアの広がりとノートPC・スマートフォン・ポータブルゲーム機器などの接続可能な端末の普及と共に、利用方法が多様化してきているのが現状です。本提携により、トリプレットゲートの公衆無線LAN接続の技術と、SRIが有する企業向けシステムインテグレーション技術、およびSRIのグループ会社である株式会社ソフィアシステムズが有する組み込み系ハードウェア開発設計技術を組み合わせ、多様化するライフスタイルの利用に適したサービスを提供していきます。

なお、SRIは、昨年12月31日に埼玉アリーナで開催された大規模格闘技イベントのインターネットライブ通信を手掛けた実績があります。将来的にはこうしたノウハウを用いた動画コンテンツの配信サービスなども予定しており、利用者はこれまで以上に便利で快適なモバイルでのインターネット接続が可能となります。

また、業務提携と合わせて、トリプレットゲートはSRIに対し、新規に第三者割当として1,000株を発行し、全株式をSRIが引き受けます。これにより、SRIはトリプレットゲートの10.4%を持つ株主となります。

トリプレットゲートでは、モバイルでのブロードバンドインターネット環境を充実させるための今回のような業務提携を、今後も積極的に進めていく予定です。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR