オケピ、観劇クチコミ情報サイト「観劇ノススメ」を開設

株式会社オケピ 2007年03月16日

(株)オケピは、公演チケットの前売・発売情報や、公演の期待度、観劇レポ、劇場周辺のクチコミお店情報など、観劇ファンによる観劇ファンのためのサイトをオープンします。

株式会社オケピ(本社:東京都板橋区、代表:山野上寛)は、同社が運営する空席救済サイト「おけぴネット」において、観劇ファンによる観劇ファンのためクチコミ情報サイト「観劇ノススメ」をオープンします。

 おけぴネットは現在、ミュージカルやコンサート等の公演チケットを定価以下で譲渡、救済する個人間のチケット掲示板サービス、「おけぴチケット救済サービス」をメインコンテンツとしていますが、このサービスで取り扱う情報は、チケットの取引が終了すると削除されます。
 今回新たに開設する「観劇ノススメ」は<蓄積型>の情報サイトであり、クチコミ情報を元に、より幅広いユーザ層に訴求することを目指します。

 「観劇ノススメ」は、主に (1)公演情報 (2)おすすめっせーじ (3)劇場情報 (4)お店情報から構成されます。

 (1)「公演情報」は、商業演劇・ロングラン公演などを中心とした各公演の基本情報や公演への期待度、関連リンクなどを登録、閲覧するもので、主要プレイガイドの前売情報や発売日情報も確認が可能。国内公演の他、ニューヨークやロンドンなどの海外のロングラン公演も順次掲載する予定です。

 (2)「おすすめっせーじ」は、公演の推薦コメントを投稿するクチコミ掲示板です(否定的な投稿は禁止)。「感動した」「泣いた」などの指標を簡単に選択することができ、個人のブログなど、外部サイトへの誘導も可能です。

 (3)「劇場情報」では、劇場の基本情報を中心に、上演中および上演予定の公演一覧、劇場周辺のおすすめの店舗一覧などを見ることができます。

 (4)「お店情報」は、観劇の前後に立ち寄ることのできる劇場周辺の店舗のクチコミ情報コーナーです。飲食店のみに限らず、ホテルやマッサージ店、花屋など、幅広いジャンルのクチコミ情報を取り扱います。

 「劇場情報」や「お店情報」の表示には GoogleMapAPI を採用し、地図上で位置を容易に確認できます。投稿は全ておけぴ友の会の会員限定ですが、匿名投稿も可能です。(なお、おけぴ友の会への登録は無料で、会員数は現在1万5千人です)

 また、おけぴネットでは各サービスのイメージキャラクターに「鳥」を使用していますが(「おけぴチケット救済サービス」はミヤマホオジロの「ぴぃ次郎」)、「観劇ノススメ」では「すずめ」を採用しました。

 おけぴネットのアクセス数は現在月間840万PV、20万ユニークユーザですが、今後は「観劇ノススメ」と「おけぴチケット救済サービス」との連携をより深めるとともに、情報を充実させていきたいと考えています。

 株式会社オケピは2005年8月設立。資本金800万円、従業員数6人(2007年3月1日現在)。
事業内容は、おけぴチケット救済サービスの運営を中心としたのメディア事業の他、ASP.NETによるWINDOWS系システム開発など。


 観劇ノススメ (リンク »)
 株式会社オケピ  (リンク »)
 おけぴネット (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

観劇ノススメトップイメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オケピの関連情報

株式会社オケピ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?