株式会社ケイエルジェイテック、中小企業向けモデル「K-SHIELD KS100T」「K-PROX KP100T」の販売を開始

100ユーザライセンスつき低価格ラインナップを追加

株式会社ケイエルジェイテック 2007年03月29日

メールリレーアプライアンス「K-SHIELD(TM)」とプロキシアプライアンス「K-PROX」に、100ユーザライセンスつきの中小企業向けラインナップを追加

株式会社ケイエルジェイテック(東京都千代田区岩本町1- 10-3 社長:アドリアン ヘンドリック (リンク ») )とMSOL(丸紅ソリューション株式会社 東京都渋谷区渋谷3-12-18 社長:吉光 澄 (リンク ») )は、100ユーザ以下の中小企業を対象としたセキュリティアプライアンスサーバの新モデル「K-SHIELD (ケーシールド) KS100T」と「K-PROX(ケープロックス)KP100T」の販売を2007年4月2日(月)より開始する。

この度発売する「K-SHIELD(ケーシールド) KS100T」と「K-PROX(ケープロックス) KP100T」は、100ユーザ以下の中小企業や大企業の支店などを対象とした製品で、標準価格および次年度以降の保守費用に、カスペルスキー社アンチスパム100ユーザライセンスが標準で含まれている。
従来の製品ラインナップは、中規模から大規模な企業を対象としていたが、「K-SHIELD(ケーシールド) KS100T」と「K-PROX(ケープロックス) KP100T」の発売により、小規模なお客様にもコストパフォーマンスの優れた価格で提供できるようになった。

◆「K-SHIELD(ケーシールド) KS100T」 について
メールフィルタ型セキュリティアプライアンスサーバ

製品名:K-SHIELD 100T
型番:KS100T
筐体タイプ:1Uラックマウント
対応ユーザ数:100以下
標準価格:600,000円(税別)
次年度更新費用:180,000円(税別)
標準価格および次年度更新費用には、カスペルスキー社製アンチスパム100ユーザライセンスおよび先出しセンドバック保守の費用が含まれている。
オプション:カスペルスキー社製アンチウイルスの追加が可能。

◆「K-PROX(ケープロックス) KP100T」 について
プロキシ型セキュリティアプライアンスサーバ

製品名:K-PROX 100T
型番:KP100T
筐体タイプ:1Uラックマウント
対応ユーザ数:100以下
標準価格:600,000円(税別)
次年度更新費用:180,000円(税別)
標準価格および次年度更新費用には、カスペルスキー社製アンチスパム100ユーザライセンスおよび先出しセンドバック保守の費用が含まれている。なお、アンチスパム100ユーザライセンスを、カスペルスキー社製アンチウイルス100ユーザライセンスに変更することも可能。
オプション:デジタルアーツ社製コンテンツフィルタ「i-FILTER」、カスペルスキー社製アンチウイルスの追加が可能。

セキュリティアプライアンスサーバ「K-SHIELD(ケーシールド)」と「K-PROX(ケープロックス)」は、株式会社ケイエルジェイテックが開発、MSOLが販売を担当しており、2007年度200台の販売を目標とする。

■お問い合わせ先
丸紅ソリューション株式会社
〒150-0002東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル
URL: (リンク »)
  <報道関係窓口>
  広報室 電話:03-5778-8885
 <製品に関するお問い合わせ>
  ITソリューション事業部 インテグレーション営業部 電話:03-5778-8611

株式会社ケイエルジェイテック
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1-14 第二東ビル4階
電話:03-5297-4004
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

K-SHIELD(TM) / K-PROX(TM)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ケイエルジェイテックの関連情報

株式会社ケイエルジェイテック

株式会社ケイエルジェイテックの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?