アジア太平洋地域のWiMAXは堅調

株式会社データリソース 2007年04月11日

米国調査会社インスタット社では、アジア太平洋地域の16カ国のWiMAX加入者総数は、2006年の27万というわずかな加入者数から、2012年には3143万に達すると予測している。

昨年のアジア太平洋地域でのWiMAXの普及が大きく躍進したのは、規制当局、オペレータ、そして市場を待ち望む機器ベンダの協力の賜物により、堅調な基盤が整ったからであると、米国調査会社インスタット社は報告する。アジア太平洋地域の16カ国のWiMAX加入者総数は、2006年の27万というわずかな加入者数から、2012年には3143万に達すると予測している。

「現在、家庭向けのブロードバンド普及率が非常に低い新興諸国の政府は、迅速にWiMAX寄りの規制の枠組みを築き上げた。しかし、限定的なネットワークカバレッジのやユーザー向けデバイスの不足などにより、WiMAX契約数は韓国の例で期待されたほどには増加しなかった」と、インスタット社のアナリストVictor Liu氏は言う。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ アジア太平洋地域のWiMAX市場は、2012年に80億USドルまで成長するだろう
■ モバイルWiMAXの韓国のバージョン(Wibroサービス)は6月に商業化された
■ WiMAXとWiMAXバックホールによるWiFiネットワーク設備に対するキャリアの支出は、2006年の3億9490万USドルから、2012年に29億890万USドルへと拡大するだろう

インスタット社の調査レポート「アジア太平洋地域のWiMAXサービス市場:国別市場概観と予測 - WiMAX in Asia/Pacific: A Well Laid Foundation for Prominent Future Growth」は、アジア太平洋地域のWiMAX市場を調査した。オーストラリア、バングラデシュ、中国、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナムの、アジア太平洋地域の16の国と地域の加入者数、収益、機器を国/地域毎に予測している。

[調査レポート]
アジア太平洋地域のWiMAXサービス市場:国別市場概観と予測
WiMAX in Asia/Pacific: A Well Laid Foundation for Prominent Future Growth
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR