PTC、ユーザのニーズに合わせた機能を提供するPro/ENGINEER の新たなパッケージ製品を発売

企業の成長や製品の複雑化に対応する、柔軟なオプションと優れた機能

PTCジャパン株式会社 2007年04月19日

PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq:PMTC、社長兼CEO:リチャード・ハリソン)は4月16日(米国時間)、同社の主力製品である3次元CAD/CAM/CAE統合ソフトウェア「Pro/ENGINEER(プロエンジニア)」について、ユーザのニーズに合わせた機能を集約したパッケージ製品として提供を開始すると発表しました。この新製品は、規模の大小を問わず、顧客企業の製品開発ニーズに合ったPro/ENGINEERパッケージを柔軟に提供するという同社の姿勢をより鮮明に打ち出すものです。PTCでは、Pro/ENGINEERの開発にあたって、単一のプラットフォームで使いやすさと優れた機能を同時に実現するという目標を設定しています。本日発表のパッケージ製品は、この目標を具現化するものであり、顧客企業の製品開発環境がグローバル分散型か中央集中型かを問わず、コストや機能に対する要件に応えます。

この拡張性の高いパッケージ製品は、企業の成長や製品開発の複雑化に合わせて機能をシームレスに拡張できます。このため、たとえ小規模な企業であってもその成長に見合った機能拡張が可能です。Pro/ENGINEERの拡張性とパッケージ製品の柔軟性は、技術投資においては現在のビジネスニーズに対応しつつ、今後のニーズの変化にも対応できるという条件で価格付けられ、パッケージされたものに投下したいという企業や組織向けにPTCならではの価値提案を創出します。これらのパッケージ製品は、現在の市場で最も幅広いパッケージ・オプションを備えており、使い勝手がよく、アップグレード可能な製品を、お求め易い価格で提供します。

パッケージ・オプションは以下の通りです。
● Pro/ENGINEER Foundation XE
基本となる3次元CADソリューションです。拡張性を備えた業界唯一の製品開発プラットフォームの中核となる強力な3次元製品設計ツールセットで、製造業の設計部門における標準的なニーズのすべてに対応する機能を備えています。

● Pro/ENGINEER Advanced SE
Pro/ENGINEER Foundation XEにデータ管理機能が備わり、複雑化する製品の管理を行います。

● Pro/ENGINEER Advanced XE
Pro/ENGINEER Foundation XEに高性能なアドオン設計モジュールもしくはデータ管理ソリューションを追加したパッケージです。成長企業における製品開発チーム内の情報制御や管理が可能となります。

● Pro/ENGINEER Enterprise SE
性能な設計モジュールやデータ管理ソリューションで製品開発プロジェクトを促進し、さらにコラボレーション機能やプロジェクト管理機能によって拡張されたサプライチェーンをシームレスに結びつけます。

● Pro/ENGINEER Enterprise XE
シミュレーション、解析、技術計算、エンタープライズ・ビジュアライゼーション、技術ドキュメント作成機能などを加えた幅広い製品開発ソリューション・パッケージで、グローバルに展開された開発チームからの複雑なニーズに対応します。

DAB Pumps社は1975年以来モーター駆動ポンプの設計および製造を続け 、最高の品質と柔軟性で同社顧客の要求に応えてきました。DAB Pumps社では現在、1,000種類以上のモデルを提供し、毎年150万台以上のモーター駆動ポンプを販売しています。DAB Pumps社はこの急激な成長に対応するために、拡張性のある柔軟な製品開発ソリューションを必要としていました。同社のITマネージャであるEnrico Pana氏は、「PTCのPro/ENGINEERパッケージ製品は、当社の要求に対応できる強力な設計およびデータ管理機能を備えています。さらに重要なのは、現行のニーズを大きく超えることも機能を無駄にすることもなく、有効な技術投資が行えることです。必要となった時に機能を追加でき、CADプラットフォームを変更する必要もありません」と、述べています。

PTCのMCAD製品管理担当副社長であるマイケル・キャンベルは、「顧客企業の規模や製品開発の複雑さによって直面する課題は異なりますが、製品開発プロジェクトを成功に導くためにはいくつかの共通する要素があるということをPTCでは認識しています。お客様は自社の成長と共に拡張できる、高品質でコストパフォーマンスが高く、優れた機能を備えたソリューションを求めています。新しいPro/ENGINEERパッケージは、あらゆる規模の企業のニーズに対応する高い機能性と拡張性を備えたソリューションです」と述べています。

Pro/ENGINEER:妥協なきソリューション
ますます厳しくなる競争の中で、製造業界は製品開発プロセスを最適化し、製品を迅速かつ低コストで市場投入するための高品質なソリューションを必要としています。新たなPro/ENGINEERのパッケージ製品は、会社の規模や製品またはプロセスの複雑さに関係なく、統一された同じプラットフォームを利用できるというメリットを引き出せるよう、いくつかの機能をあらかじめまとめてパッケージとして提供する製品です。革新的な設計を行うための基本的な機能を備えたコストパフォーマンスの高い3次元CADが必要なケースや、高度なアセンブリ、配線配管などの特殊機能やデータ管理機能を備えた3次元CADが必要な場合、あるいは人やデータを拡張サプライチェーンにシームレスに接続する包括的なシステムが必要な場合など、Pro/ENGINEERパッケージは顧客企業が必要とする機能を的確にとらえ、また業務やニーズの拡大にも対応することができます。

日本での発売開始時期について
新たなPro/ENGINEERパッケージ製品は、本日よりPTCジャパンならびに同社の正規販売代理店を通じて販売開始します。価格はPro/ENGINEER Foundation XE:1ライセンス985,000円(本体価格、消費税別)より。
Webサイト: (リンク »)

米PTCについて
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品ライフサイクル管理(PLM)、コンテンツ管理、エンタープライズ・パブリッシングの各ソフトウェア・ソリューションを世界40,000社以上の企業に提供しており、その中には製造、出版、サービス、官公庁そしてライフサイエンスなどの産業分野の革新的な企業が含まれます。PTCの株式はNASDAQ市場に公開されており、S&P Midcap 500とRussell 2000の両指標に含まれています。

PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区、社長:井上公夫)。コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、PLMソリューション製品群「Windchill」、エンタープライズ・パブリッシング・ソリューション「Arbortext」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング・製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内6事業拠点。Webサイト: (リンク »)

※PTCの社名、ロゴマークおよびPro/ENGINEER、Wildfire、Windchill、Arbortext、Mathcad、Windchill ProjectLink、Windchill PartsLink、Windchill DynamicDesignLink、Windchill PDMLink、IsoDraw などすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。
以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

PTCジャパン株式会社の関連情報

PTCジャパン株式会社

PTCジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!