.NET / Visual Basic環境でのCTI開発ツール“VBVoice”、トライアル版の無償ダウンロードの開始

VBVoiceとは、コールセンターなどで導入されているCTI(Computer Telephony Integration)アプリケーションの開発ツールです。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー 2007年05月02日

.NET / Visual Basic環境でのIVR,CTIアプリケーションGUI開発ツール“VBVoice”、トライアル版の無償ダウンロードの開始のお知らせ。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役社長 柴山浩、以下㈱CBA)では、今年の3月より.NET / Visual Basic環境でのIVR,CTIアプリケーションGUI開発ツール“VBVoice”(製造元:Pronexus社)の販売を行っております。この度、弊社のVBVoice専用サイトにてトライアル版の無償ダウンロードを開始いたしましたので、お知らせいたします。

VBVoiceとは、コールセンターなどで導入されているCTI(Computer Telephony Integration)アプリケーションの開発ツールです。Visual Studio上でGUIの開発環境を提供することが可能なため、コンポーネントをマウスで選択しながら配置し、迅速で平易にコールフローを開発することができます。今回のトライアル版では標準版と機能拡張版の2種類の試用版をご用意いたしました。電話の自動応答やカスタマーの自動抽出などのシステムを実際に体験いただくことができます。
VBVoiceはコールセンターを持つ国内の多くの企業で導入されており、作業の効率化やコスト削減はもとより、顧客満足度の向上にも大きく貢献しています。北米ではCTIの主要ツールとしてすでに1970年代から広く普及しており、保険市場や物流業界のような顧客によるアプローチが頻繁な業種では特に好評を博しています。

■トライアル版ダウンロードサイト: (リンク »)
■VBVoice試用版の開発環境:
Visual Studio 2005, 2003, Visual Basic 6, Visual Studio Express C#, Visual Studio Express vb.NET

■推奨マシンスペック:
・OS Windows 2003, 2000, Windows XP
・256 MB以上のRAM, Intel Pentium III プロセッサ, 20GB ハードディスク, サウンドカード

■ケーススタディ:
VBVoiceを導入して成果を挙げている北米企業のケーススタディを掲載しております。詳しくはVBVoice専用サイトをご覧下さい。
(リンク »)

弊社では、VBVoiceの販売やテクニカルサポートも行っており、ご好評をいただいております。お気軽にお問合せください。

会社概要:
会 社 名:株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
代 表 者:柴山 浩
設   立:2000年8月 
業務内容:システム開発・運用、翻訳・通訳、異文化コミュニケーション研修業務など
所 在 地:〒238-0048横須賀市安針台17-3
TEL:046-821-3362 FAX:046-821-3306
U R L : (リンク »)

Pronexus,Inc.
Meike Buechler
Marketing Manager
Tel: +1.613.271.8989 ext. 541
Email: meike.buechler@pronexus.com


この件に関するお問合せ先: 株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー
販売事業部 担当:木幡
TEL:046-821-3362/FAX:046-821-3306/e-mail: pronexus@cba-japan.com

備考:この資料はご自由にお用いください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニューの関連情報

株式会社コミュニケーションビジネスアヴェニュー

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!