電子定款を利用した最も安上がりの会社設立の方法の紹介

電子定款を利用した現時点で最も安上がりの株式会社の設立の方法を紹介しているホームページを公開

株式会社ポートシステム 2007年05月10日

電子定款の制度をめぐって、自力で会社を設立するよりも行政書士や司法書士に頼んだ方が、株式会社が安価で設立できるという情報などもあり、混乱が見られましたが、2007年4月から個人でも電子定款を作成できるようになりましたから、現時点では、自力で会社を設立するのが最も安上がりということになりました。そこで、このたび、弊社では、ホームページにてそのノウハウを完全公開致しました。

株式会社を設立するときには、定款を作成しなければなりません。ところが、定款には通常の場合、4万円の収入印紙を貼りつけなければなりません。

しかし、電子政府の流れの中で、定款も電子文書として作成できるようになりました。電子文書には印紙税がかからないために、電子定款を利用すると、収入印紙として納める印紙税4万円が不要になるのです。

ところが、電子定款を利用するには、行政書士や司法書士に依頼しなければなりませんでした。そのため、行政書士や司法書士への報酬額が4万円以下の場合、自力で会社を設立するよりも、行政書士や司法書士に会社の設立を依頼した方が安くなるという状態になっておりました。

ところが、2007年4月から市区町村の公的個人認証サービスを利用することで、個人の方でも、電子定款が簡単に作成できるようになりました。

弊社のホームページにて、そのノウハウを公開いたしました。このホームページでは、解説だけではなく、電子定款などの必要書類もCGIにより自動的に作成される機能も完備しております。

なお、実際に会社を設立される場合には、弊社へのユーザ登録費用として3150円が必要になりますが、試用されるだけでしたら、無料で、すべての解説をお読みいただけるほか、電子定款などの一部の書類も自動的に作成していただけます。

弊社のホームページのご活用をお待ちしております。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ポートシステムの関連情報

株式会社ポートシステム

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!