日本エンタープライズ、新しい音楽スタイル「うた・ホーダイ」に対応したiモード公式サイト『うた&メロ取りホーダイ♪』サービス開始

日本エンタープライズ株式会社 2007年05月25日

 トータルモバイルソリューションの日本エンタープライズ株式会社 (リンク ») (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 植田勝典)は、定額料金で好きな楽曲を好きなだけダウンロードすることができる新しい音楽スタイル「うた・ホーダイ」に対応したiモード公式サイト『うた&メロ取りホーダイ♪』を、5月25日(金)よりサービス開始いたします。


■ハイクオリティなアレンジカバー楽曲、月額315円で取りホーダイ!
最新J-POP、懐メロ、洋楽の名曲などのオリジナルアレンジ楽曲を、ハイクオリティな「着うたフル」楽曲で配信する「うた・ホーダイ」対応サイトです。ご利用料金は月額315円(税込)の定額制。
お客様はマイメニュー登録(定額料金のお支払い)を継続している間、好きな楽曲を好きなだけダウンロード・再生することができます。CDと同等のクオリティで制作された楽曲は、すべて高音質!
さらに、人気J-POPアーティストの編曲を手がけているプロのアレンジャーが監修した超レア楽曲も取り放題、聴き放題となっております。
また、4~5曲の着うたメドレー「Miniコレ」や、歌の練習ができる歌詞付き「着うたフルカラオケ」など、ここでしか入手できないオリジナルコンテンツが満載です。


■充実のコンテンツラインアップ
<うた&メロ☆コンピレーション>
  当サイト自慢のハイクオリティなアレンジカバー楽曲を、旬のテーマごとにセレクトした一押しのコーナー。コンピレーションCDのようなバラエティ溢れるオシャレなコーナー。
<HITMAKERS>
  人気J-POPのアレンジャーが監修したオリジナルカバー楽曲
<Miniコレ>
  着うた4~5曲分をつなぎ合わせた、オリジナル着うたメドレー
<着うたフルカラオケ>
  ケータイでカラオケが楽しめる、ウレシイ歌詞付きの着うたフル
<着メロフル>
  着メロを1曲分まるごと楽しめるフルバージョン

【うた&メロ☆コンピレーション】
<Love@bossa>
  誰かを想うキモチ、素敵な恋の想い出に包まれるBOSSAアレンジ集。
<Past Stories>
  親愛、友愛、恋愛・・・。様々なStoryに重なるドラマ主題歌をピックアップ。
<TOP80’S>
  いつまでも愛され続ける、定番洋楽コレクション。
<Vitamin>
  前向きになれる、元気を与えてくれる楽曲をセレクトした、癒しコレクション。


■サイト基本情報
・サイト名称:うた&メロ取りホーダイ♪
・アクセス方法:[iMenu] ⇒ [メニュー/検索] ⇒ [うた・ホーダイ] ⇒ [ うたトリホーダイ¥315]
・情報料:月額315円(税込)※
         ⇒マイメニュー登録をすることにより、全ての楽曲が取り放題・聴き放題となります。
・対応機種:FOMA 904iシリーズ(平成19年5月25日現在)
・サービス開始:平成19年5月25日(金)
・提供:日本エンタープライズ株式会社  (リンク »)
※サイト閲覧、楽曲ダウンロード時には別途パケット通信料が必要です。
※サイトのご利用に際し、「パケ・ホーダイ」または「パケ・ホーダイフル」へのご入会を推奨します。


※ 「着うた」「着うたフル」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの商標または登録商標です。
※ 「i モード」「i Menu」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの商標または登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。



■本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
日本エンタープライズ株式会社 広報・IR室 【担当:松本】
TEL:03-5774-5730 FAX:03-5774-5735 MAIL: ir@nihon-e.co.jp
【一般の方】
日本エンタープライズ株式会社 サポートセンター
TEL:03-5326-3560  MAIL: toriho-q@nihon-e.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

うた&メロ取りホーダイ♪ロゴ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本エンタープライズ株式会社の関連情報

日本エンタープライズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?