CTC、人材育成を一層強化

「短期海外派遣研修」制度をスタート

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 2007年06月11日

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)では、人材育成強化の一環として3ヶ月間、米国の大学に短期留学できる制度を新しく導入いたしました。

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥田陽一)では、人材育成強化の一環として3ヶ月間、米国の大学に短期留学できる制度を新しく導入いたしました。

 新制度の名称は、「短期海外派遣研修」制度。語学力の向上、ならびに異文化コミュニケーションの強化を目的として若手社員を対象に導入されたこの制度は、3ヶ月間の米国留学を通じて、実践的なビジネス英語やビジネスコミュニケーションを学べるプログラムになっています。

 第1回選抜派遣社員は7名おり、去る2月に訪米し、3ヶ月間の研修を終えて5月末に帰国しました。帰国後は、全選抜派遣社員による報告会を実施して成果を検証します。それを踏まえて、2007年度は年間約20名を米国に派遣する予定です。

 さらにCTCでは、階層別・職種別研修をはじめ、技術習得を目的に、海外ベンダーパートナー企業各社への1年間のインターンも実施しています。今後も一層人材育成に注力していく予定です。


<本件に関するお問合せ先>
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
コーポレートコミュニケーション部
TEL:03-6203-4100
FAX:03-5512-3013
E-MAIL:press@ctc-g.co.jp


以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!