「中国ハイアールとレノボのグローバル戦略分析-日本企業との比較分析を中心に-」調査報告書を発表、ハイアールとレノボの戦略を徹底分析!

ROA Groupイシューレポート最新刊!

株式会社ROA Holdings 2007年07月10日

アジアを中心とした調査レポートの発行・リサーチコンサルティングを手がける株式会社ROA Group(本社:東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析レポート「中国ハイアールとレノボのグローバル戦略分析-日本企業との比較分析を中心に-」を刊行し、販売を開始いたしました。

●報告書の概要●

中国を代表する企業として急成長を遂げるハイアールとレノボ。その強さはどこから来るのか。日本企業との差異は何なのか、その秘密を探ったレポートである。

両社は、グローバル戦略の成功により5年後の2012年には現在の売上高の3倍である6兆円まで成長すると予測されており、日本企業は少なくとも今後10年間は両社の動きから目を離せなくなるだろう。


ROA Groupがお届けするホットイシューレポート最新刊!


●目次●


エグゼクティブサマリー

1 業績分析
 1-1 ハイアールとレノボの成長
  1-1-1 ハイアールの売上高の推移と沿革
  1-1-2 レノボの売上高の推移と沿革
 1-2 2006年決算ハイライト 
  1-2-1 ハイアール
  1-2-2 レノボ

2 マーケティング戦略及び製品戦略分析
 2-1 ハイアールとレノボのマーケティング戦略
  2-1-1 ハイアール
    1) 国内マーケティング戦略
    2) 海外マーケティング戦略
  2-1-2 レノボ
    1) 国内マーケティング戦略
    2) 海外マーケティング戦略
 2-2 ハイアールとレノボの製品戦略
  2-2-1 ハイアール
  2-2-2 レノボ

3 ハイアールとレノボの人材育成戦略
 3-1 ハイアール
 3-2 レノボ

4 ハイアールとレノボの経営戦略及びグローバル戦略
 4-1 ハイアール
    1) ハイアールの「先難後易」戦略
    2) ハイアールのM&A戦略
 4-2 レノボ

5 日本企業への示唆
 5-1 ハイアールとレノボの中国国内からグローバル市場への移行
 5-2 ハイアールとレノボの外国企業に対するM&Aが活発化へ
 5-3 ハイアールとレノボはミドルエンド製品からハイエンド製品へシフト


図目次

[図 1-1]ハイアールの売上推移
[図 1-2]ハイアールの事業分類
[図 1-3]ハイアールの製品別生産台数(2005年-2006年)
[図 1-4]世界の冷蔵庫メーカー別生産台数(2003年実績)
[図 1-5]レノボの売上高推移(2000年-2006年)
[図 1-6]レノボ製品のラインアップ
[図 1-7]世界のパソコン市場におけるメーカー別出荷台数(2005年1Q-2006年4Q)
[図 1-8]世界パソコンメーカーの市場シェア(2006年)
[図 1-9]ハイアールグループの総売上高、営業利益及び輸出額(2005年-2006年)
[図 1-10]ハイアールと上場会社の持株関係(2006年基準)
[図 1-11]レノボの地域別シェア(2006年度基準)
[図 1-12]レノボの地域別売上高の推移(2005年-2006年)
[図 1-13]レノボの製品別売上高の推移(2005年-2006年)
[図 2-1]ハイアールのマーケティング戦略
[図 2-2]]ハイアールの製品戦略
[図 2-3]ハイアールの生産・販売管理モデル
[図 2-4]世界の総合家電メーカーのポジショニング
[図 2-5]レノボの製品戦略
[図 2-6]レノボのダブルブランド戦略
[図 2-7]世界のパソコンメーカーのポジショニング
[図 3-1]ハイアールの「競馬式人事育成及び人材管理」
[図 3-2]ハイアールと日本企業の人事管理比較
[図 3-3]レノボと日本PCメーカーの企業戦略比較
[図 3-4]ハイアール、レノボと日本家電メーカーの競争力比較
[図 4-1]ハイアールの発展戦略
[図 4-2]ハイアールのグローバル戦略(現地化)
[図 4-3]ハイアールの国内M&A戦略
[図 4-4]ハイアールの海外M&A戦略
[図 4-5]レノボのIBMパソコン部門の買収スキーム
[図 4-6]レノボ持株会社の構成図(2006年基準)
[図 5-1]ハイアールとレノボの今後の戦略


表目次
[表 1-1]青島ハイアールの基本情報
[表 1-2]青島ハイアールの損益決算(2005年-2006年)
[表 1-3]青島ハイアール製品別の売上及び収益率(2006年)
[表 1-4]ハイアール電器の基本情報
[表 2-1]中国企業ランキングトップ25社(2006年売上規模基準)
[表 2-2]中国の企業ブランドランキング(2006年)


●商品概要●
発行:株式会社ROA Group
発刊予定日:2007年 6月
判型:A4カラーコピー印刷 ページ数:  68ページ予定 
調査・製作 : 株式会社 ROA Group
価格 :
- 99,750円 税込(PDF)
- 102,900円 税込(PDF+印刷版)
- 99,750円 税込(印刷版)

<お申し込み方法>
次のURLからお申し込みいただけます。
URL: (リンク »)


●会社概要●

社名    株式会社ROA Group
所在地   東京都新宿区西新宿6-12-4 コイトビル8階
Tel. 03-3349-8071 Fax. 03-3349-8072
URL (リンク »)
Email research@researchonasia.com
その他支店:ソウル支社、上海支社
代表者   代表取締役社長 李 承 勲
事業内容   受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野   アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業



●本プレスリリースについてのお問い合わせ●
株式会社ROA Group レポート・マーケティングチーム 担当:李 和 美(リ ファミ)
Tel: 03-3349-8071 Email: report@researchonasia.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ROA Holdingsの関連情報

株式会社ROA Holdings

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!