MEDO医歯薬英語辞書をBabylon 6のフリー・コンテンツとして配布を開始

MEDO for Babylonのご案内

ジャパン・トゥエンティワン株式会社 2007年07月23日

ジャパン・トゥエンティワン株式会社 (本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 加藤充) は、医学英語研究所 (MEDO.JP) が編纂した医歯薬英語辞書を多言語辞書・翻訳ソフトBabylon 6 (バビロン・シックス) 向けのフリー・コンテンツとして配布いたします。

MEDO医歯薬英語辞書は医学英語研究所が医学用語の訳語と定義を推敲することを目的として開発した辞書で、歯学用語や解剖名、疾患名、病原体名、薬品名、化合物名、元素名などの医学用語だけでなく、一般用語・略語も収載、成語付きの英和辞書および和英辞書も収載し、将来は図解、画像等の組み込みも計画されています。医学英語研究所では医学、歯学、薬学を学ぶ学生や研究者、医師に利用してもらい、学習、研究、医療現場に広く活用されることを願い、Babylon 6ユーザに無料で公開することを選択されました。

Babylon 6は標準で13ヶ国語の辞書を搭載し、1,300種類以上のコンテンツ、多数の有料のプレミアム・コンテンツが利用できる辞書・翻訳ソフトです。今回のMEDO医歯薬英語辞書の搭載により、極めて専門性の高い医学、歯学、薬学の日本語専門辞書を無料で提供できることになりました。Babylon 6はこれまでも外国語を日常使用する専門家や企業、学生に必須のツールとして高い評価を得てきましたが、医学分野の専門辞書が加わることになり、用途や範囲、対象者が格段に拡大して行くと思われます。

ジャパン・トゥエンティワン株式会社では、今回のMEDO医歯薬英語辞書を第1弾として日本語コンテンツを順次追加する計画です。より使いやすい、より広範な対象に使える唯一の辞書・翻訳・情報検索ソフトとなることを目指して開発ペースを加速する予定です。

MEDO医歯薬英語辞書は、つぎの辞書から構成されています。

医歯薬英語辞書 (英和)、医歯薬英語辞書 (和英)、医学英語単語 (英和)、解剖学用語 (和英)、解剖学ラテン用語、病名用語 (英和)、病名用語 (和英)

◇ MEDO医歯薬英語辞書の配布について

辞書の一次配布元は、MEDO.JPです。辞書の追補などは随時、MEDO.JPにて行われます。辞書の著作権は、すべてMEDO.JPに帰属します。辞書の配布・利用上の制限などについても、MEDO.JPの定めるところに準じます。MEDO医歯薬英語辞書の辞書群は現在、ジャパン・トゥエンティワン株式会社取り扱いの「Babylon 6」にバンドルして提供いたします。製品の詳細は、Babylon Japanのウェブ・サイト www.babylonjapan.com/support/medo/ (リンク ») でご確認ください。

◇ お問合せ先
ジャパン・トゥエンティワン株式会社 バビロン事業部
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-26-7
電話 03-5456-8543 / ファクス 03-5456-8541
ウェブ・サイト www.babylonjapan.com (リンク »)
お問合せ medo-support@babylonjapan.com

Babylon is a registered trademark of Babylon Ltd.

このプレスリリースの付帯情報

MEDO for Babylon

用語解説

◇ 医学英語研究所 (MEDO.JP) について
医学英語研究所 (Medical English Laboratory)
ウェブ・サイト www.medo.jp (MEDO.JP) (リンク »)
〒350-0152 埼玉県川島町上伊草1552
Tel : 049-297-6028

◇ 大井毅 (おおい たけし) 先生略歴
明海大学歯学部講師。口腔病理学・歯学英語が専門。
1970年台北医学大学歯学部卒業。1972年台湾大学医学部生理学研究科中退。
1972年より明海大学歯学部助手。
1976年より明海大学歯学部講師。1982年歯学博士学位取得。
1997年インターネットサイト、jedo.jp「医歯薬英語辞書」を開設し、現在MEDO.JPとして運用。CD-ROM辞書「Asahi Press SENTENCE」 (朝日出版社) に医学例文を提供。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ジャパン・トゥエンティワン株式会社の関連情報

ジャパン・トゥエンティワン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!