カーナビゲーションシステムに音声対話機能を付加するシステム開発キット、アトム カーナビSDK英語版アジリングアから8月20日発売

Agilingua,LLC. 2007年08月20日

アジリングア(Agilingua, LLC. 代表取締役社長・瀬尾ゆう、本社・24-65 38th street #5D Astoria, NY 11103)はこのたび8月20日に自動車用ナビゲーションシステムに特化した音声対話システム開発キット、アトムカーナビSDKを発売いたします。 アトムカーナビSDKは、文法やデータベースなど、車内マルチメディアおよびナビゲーションシステムの対話的音声操作システムの構築および既存のシステムへの統合に必要なすべてのソフトウェア要素を網羅したリファレンスアプリケーションSDKです。自由な音声発話とタッチスクリーンによるマルチモーダル入力に対応します。日本語版は近日中に別途発売いたします(2007年9月に発売開始しました)。

■アトムカーナビSDK内容
アトムカーナビSDKには、車内ナビゲーションシステム・車内マルチメディアに対するインタラクションのアプリケーションに特化して開発された文法およびマルチモーダル統合フレームワークのソースコードが含まれています。
カーナビゲーションシステムにすばやく効率よく次世代音声対話機能を付加できます。
アジリングアのウェブサイト上にアトムカーナビSDKのデモンストレーションシステムが公開されておりますのでご覧ください。
(リンク »)
アトムカーナビSDKは同時にリリースされたアトム音声対話SDK v1.5をもとにした製品です。

■アトム音声対話SDK v1.5
アトム音声対話SDKは高度な専門知識を必要とせずに次世代音声対話システムを開発できる、全ての開発サイクルを支援するSDK(ソフトウェア開発キット)です。音声認識装置とテキスト合成システムがあれば (Windows XPとVistaにはどちらも標準装備されています)、他のソフトを必要とせず音声インターフェースが開発できるのです。一貫した開発なので他プログラム、データベースとも簡単に統合します。このたび、更にすばやい開発を可能とする新機能を追加した最新バージョン、アトム音声対話SDK v1.5を発売いたしました。
新機能は以下です。
- 新開発の強力な文法開発ツール 
- よりすばやい簡易な開発を可能とする、さらにシンプルかつ強力に改良されたデータ収集ツール
- デバッグプロセスをより時間的高効率で簡便にした、新開発のログメカニズム
- 既存のWindows アプリケーションへの統合をより簡便とする、改良ランタイムシステム
アジリングアでは音声対話システム開発・自然音声言語プロセシングに関する幅広い分野でのコンサルテーションも承ります。
(リンク »)

このニュースリリースおよび製品に関するご質問はinfo@agilingua.com までお問い合わせください。

【会社概要】

■ Agilingua, LLC. はエンベデッド・モバイル機器にイノベイティブなユーザインターフェースを付加するソフトウェアおよびコンサルタント業務をご提供しています。

名称 :Agilingua, LLC.
本社所在地  :24-65 38th Street #5D Astoria, NY 11103
電話/ ファックス :(1)-718-956-0278
設立 :2004年5月13日
代表取締役社長 :瀬尾ゆう
ホームページ :www.agilingua.co,
電子メール :info@agilingua.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Agilingua,LLC.の関連情報

Agilingua,LLC.

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!