日清製粉グループ、ウイングアークの「Dr.Sum EA」導入し、トレーサビリティの実現と会計業務の効率化を実現

SAP(R) R/3(R)からの大量データを情報管理し、商品の安全性と企業の信頼性を担保

ウイングアーク1st株式会社 2007年10月23日

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、株式会社日清製粉グループ本社(以下、日清製粉グループ本社 本社:千代田区)が、グループ内各社の財務状況や出荷状況を迅速かつ容易に把握できる検索・分析データベースを導入するにあたり、ウイングアーク テクノロジーズのデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」を採用、導入されたことをお知らせいたします。「Dr.Sum EA」を活用することによって企業データの有効活用をはかり、導入コストを抑えつつ業務効率の改善を実現されました。

 日清製粉グループ本社は、「健康」を常に念頭においた商品やサービスの提供に努め、「健康と信頼をお届けする」をコーポレートスローガンに、国内外において広くビジネス展開を行っています。現在グループ会社は、子会社46社、関連会社15社の体制を取り、グループ内各社での財務状況や商品出荷情報を迅速かつ容易に把握できる仕組みが必要とされていました。具体的には、日清製粉グループのうち9社が、日々の基幹系業務をSAP(R) R/3(R)で運営していましたが、財務会計データや出荷データの集計や分析においては満足のいくスピードで検索することができず、短時間でデータ内容を把握することが困難な状況にありました。取り扱うデータの総合計は出荷データが3000万件、会計データは最大で2億件にもおよび、大量のデータが蓄積されるためパフォーマンスや使い勝手に課題を抱えていました。また、製品のトレーサビリティへの関心が高まる中、必要な情報を24時間いつでも容易に抽出できるシステム構築が必要とされていました。そこで、会計および出荷データの検索、分析システム構築にあたり、データ分析ツールとしてウイングアーク テクノロジーズの「Dr.Sum EA」が採用されました。

 「Dr.Sum EA」が採用された理由は、以下の通りです。
・短期間/低コストで導入(ノンプログラミング設計とクライアントフリーのライセンス体系)
・24時間利用可能なデータベース
・権限に見合った容易な操作性

 同社は、会計および財務データの分析データベースの構築にあたりDr.Sum EAを採用することで、導入コストを抑えながら、業務効率を実現されました。出荷データベースはロジスティクス業務を行う5社、会計データベースは9社に導入され、以前は必要な情報を取得するまでにかなりの時間がかかっていましたが、「Dr.Sum EA」導入後は数分で欲しい情報を入手できるようになりました。このように自由にデータを分析できるようになったことで、監査データの作成期間を短縮でき、会計業務の効率が大幅に向上されています。同社企画本部情報化推進部長の小川氏は「導入後、利用者から集計スピードについての苦情はほとんど聞いていない。Dr.Sum EAはサーバライセンスのため、一定のコストで利用できるのでコスト管理がしやすかった。」と話しています。

・日清製粉グループ様のDr.Sum EA導入の詳細については以下URLをご参照ください。
  (リンク »)

【Dr.Sum EAについて】  (リンク »)
Dr.Sum EAは、データベースに蓄積される情報を可視化し、PC上で自由に集計分析できる環境を提供します。売上データ、販売実績データなどを、使い慣れた Excel操作やWebブラウザをインターフェイスとして簡単な操作で、あらゆる角度から高速集計できます。また、サーバライセンス(クライアントライセンスフリー)のため、部門担当者から経営者層まで全社導入を身近に実現する、日本企業のためのデータ活用ソリューションです。

[ウイングアーク テクノロジーズについて]  (リンク »)
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:70億円(2007年2月期)
従業員数:146名(2007年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:drsum@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR