マイクロマーケティング、新開発のシームレス動画広告システム 「ウェブCM」の販売を開始

「ページが遷移しても途切れない動画広告」を実現 簡単導入の ASP サービスで提供

マイクロマーケティング株式会社 2007年11月07日

マイクロマーケティング株式会社(東京都港区白金1-28-17、代表取締役社長:松村 博一)は、 Webサイトをページを遷移しても動画が途切れず続けて再生できる、次世代型動画広告システム「ウェブ CM」の販売を開始すると発表いたしました。

■次世代型動画広告システム「ウェブ CM」とは

Web 広告の主流は、今まさに「テキスト広告」からリッチな表現が可能な「動画広告」へと代わりつつあります。
しかしこれまで、動画広告の普及には大きな壁がありました。それは「ページが遷移してしまうと動画が途切れてしまう」という点。これまでの技術では、ユーザーが動画広告のあるページを訪れても、動画再生中に別のページへ遷移してしまうと、動画がそこで途切れてしまいました。このため「短時間の動画しか流せない」「広告主が伝えたいメッセージを正確にユーザーへ届けられない」といった課題がありました。

次世代型動画広告システム「ウェブ CM」は、これを解決する初めての商品です。
動画広告をいったん再生すると、同じ Webサイト内をユーザーが回遊している間は、常に途切れず再生し続けます。これにより、長い尺の動画であっても最後まで再生でき、広告主のメッセージがユーザーへ届けられるようになります。

■ 「ウェブCMの特徴」

【1】ページ遷移しても動画広告が途切れず再生
これまで動画広告の弱点だった「ページを遷移すると動画が途切れてしまう」点を改善。ページを遷移しても、同じ Web サイト内であれば常に動画が再生され続けます。

【2】 充実のスケジュール&効果測定
複数の動画広告をスケジューリングし、配信可能。どの動画がいつどれだけ閲覧されたか、クリックされたかなど多角的に効果を測定できます。

【3】 導入は簡単
HTML にタグを貼付けるだけの簡単設置。ASP サービスなので、動画広告用に回線やサーバーを増強する必要もありません。

■「ウェブ CM」 の管理画面機能一覧
1. 動画広告登録機能
2. 動画広告配信スケジュール設定機能
3. 動画広告効果測定レポート機能

■サービス概要
サービス名称:ウェブ CM
価格:月額利用料金 : 1万円~/月
提供形態:ASP

■ マイクロマーケティング株式会社概要
所在地 〒108-0072 東京都港区白金 1-28-17 Shirokane Club 303
Copyright(C)2007 Micro Marketing Co.,Ltd. www.micromarketing.co.jp
設立 2006 年 10 月
資本金 14 百 40 万円 (2007 年 10 月末現在)
従業員数 8 名 (2007 年 10 月末現在)契約社員・アルバイト含む
事業内容:
* Web マーケティング
* Web コンサルティング
* Web 2.0 サイト制作
* Web 2.0 システム構築
* Web 2.0 サイト・システム運営
* Web 2.0 動画広告配信システム開発

本件に関するお問い合わせ先
マイクロマーケティング株式会社
担当:松村(まつむら)
TEL:03-5798-2877
FAX:03-5798-2878
Email:matsumura@micromarketing.co.jp
(リンク »)
〒108-0072 東京都港区白金1-28-17 Shirokane Club303

このプレスリリースの付帯情報

webcm071102B.jpg

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マイクロマーケティング株式会社の関連情報

マイクロマーケティング株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!