【調査レポート】携帯ECサイトの商品検索結果画面のユーザビリティに関する調査

株式会社IMJモバイル 2007年11月13日

From DreamNews

~モバイルECサイトの商品検索結果画面における最適なレイアウトとは?~
モバイルにおいても、商品画像はより大きく表示されることを好む
掲載する商品の種類によって、求められる画面イメージに違いがある
株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:樫野 孝人)のグループ会社 である株式会社IMJモバイル(本社:東京都品川区 代表取締役社長:廣田 武仁 以下、IMJM)により設立されたモバイルユーザビリティ研究所は、「モバイルECサイトの商品検索結果画面のユーザビリティに関する調査」を実施いたしました。
 調査期間は2007年10月31日~11月1日、有効回答数は312名から得られました。

【調査結果概要】

 モバイルユーザビリティ研究所では、拡大するモバイルEC市場において、利用者にとって高いユーザビリティを提供するECサイトの構造の把握を目的に、モバイルECサイトの商品検索結果画面の印象や使い勝手について調査いたしました。
 調査結果によると、モバイルECサイトにおいて消費者が商品を検索する際、検索結果として表示される商品一覧には大きな画像を採用するサイトが最も支持されました。さらに、商品検索結果に大きな画像を採用するサイトに対してユーザーは、『印象に残る』、『商品を魅力的に感じる』、『親近感が沸く』など情緒的なイメージをより多く持つようです。 また、検索結果として表示される表品一覧のサイトレイアウトに区切りや背景を加える事で、ユーザーのサイトに対する印象が変る結果となりました。
 さらに、ECサイトで取り扱う商材によっても好まれるレイアウトに差異があることが見受けられました。例えば『ファッション系の商品』の場合、画像が大きく(78.5%)、罫線の区切りがあり(57.1%)、テキストが画像の下に位置している(42.0%)レイアウトが、ユーザーの支持率が高い結果となりました。
 携帯ECの検索結果画面において商品カテゴリに応じたサイトデザインが、ユーザーに与える印象に影響を与える事が伺えます。

【調査結果のトピック】

●モバイルECで商品一覧を案内する場合、87%が大きな商品画像を支持
●97%は画像付きの商品一覧を支持
●商品一覧には、商品毎の区切りが明確であるほうが好まれる


■調査概要  
・調査方法 :   インターネットリサーチ
・調査地域 :   全国
・調査対象 :   15歳~34歳の男女 調査会社が保有する調査パネル
・有効回答数:   312サンプル
・調査日時 :   2007年10月31日~11月1日
・調査方法 :   調査は、『モバイルのECサイトで「カニ」と検索した』という前提のもと、用意したモバイルサイトにアクセスしていただき、サイトで紹介している商品やサービスについてではなく、サイトの印象や使い勝手について回答していただきました。


■モバイルECで商品一覧を案内する場合、大きな商品画像を支持  97%は画像付きの商品一覧を支持

 モバイルECでの、商品検索結果の適切な商品一覧の表示イメージを尋ねたところ、最も大きい商品画像一覧を表示するサンプルサイトが支持された。逆に、テキストのみの商品一覧は僅か3%しか支持をえることができなかった。
 提示サイトA~Dのそれぞれについてサイトのイメージを尋ねた結果、大きめの画像サンプルを提示したサンプルサイトは『印象に残る』、『商品を魅力的に感じる』、『消費の特徴がよく表現される』等、視認性に寄与する項目で高い値を得られた。逆に、画像なしのサイトは『スムーズ・スピーディー』、『無駄がない』、『負担を感じない』の点で支持されているが、これは小さい商品画像を提示したサンプルサイトにおいても、ほぼ同様の結果を得られた。

■商品一覧には、商品毎の区切りが明確であるほうが好まれる

 商品検索結果時に、商品毎の区別による好みを尋ねたところ、サイトE(区切り線なし)に比べ、サイトF(区切り線あり)、サイトG(区切り線あり+背景色違い)が提示した全ての利用シーにおいて支持された。さらに、『ファッション系の商品を探すとき』、『インテリア・寝具系の商品を探すとき』では、際立ってサイトFの支持が高かった。商品選定において、画像が重要視される分野では、背景が白バックの方が支持される傾向があると推察される。


【株式会社IMJモバイル 会社概要】

 株式会社IMJモバイルは、携帯に関する調査・診断・企画・開発・制作・運用に関する豊富なノウハウにより、携帯のBtoB及び、BtoCサイトを提供しており、公式サイトの開発・運用、携帯キャンペーンや携帯EC等、400社以上のサポート実績を保有しております。

 現在では、コマース事業、サイト調査・診断事業、QRコード、フェリカ、ICタグ関連の技術開発及びソリューションの提供を多くの企業様に提供しております。

●社名       株式会社IMJモバイル
●本社       東京都品川区西五反田2-28-5 第2オークラビル
●URL        (リンク »)
●設立       2000年7月18日
●資本金     3億213万7500円(2007年9月現在)
●従業員数    199人(2007年9月現在)
  ※IMJグループモバイル関連事業会社 5社 400人
●事業内容    ・携帯公式サイト企画・運営事業
           ・携帯メディア、広告事業
           ・携帯サイト構築・運営代行事業
           ・携帯ソリューション事業、等


<本件に関するお問合せ先>
株式会社IMJモバイル  (リンク »)

■モバイルユーザビリティ研究所に関するお問合せ
 モバイルユーザビリティ研究所 担当:真中 小糸 和田 戸田
 TEL:03-5759-0868 E-mail:manakazu@imjmobile.co.jp

■調査に関するお問合せ 事業開発室     担当:森 嶋田
 TEL:03-5759-0177 E-mail:n-mori@imjmobile.co.jp

■報道関係者のお問合せ先 広報室 広報IRク゛ルーフ゜ 担当:漆坂
 TEL:03-5759-0177 E-mail:press@imjmobile.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社IMJモバイルの関連情報

株式会社IMJモバイル

株式会社IMJモバイルの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!