ビジネスサーチテクノロジ、 全文検索エンジン「WiSE」の最新版を発表 最初のマイナーバージョンアップ 「WiSE V2.1.1」を提供開始!

Red Hat Enterprise Linux 5、CenOS 5、Asianux Server 3を 新たに公式サポート

ビジネスサーチテクノロジ株式会社 2007年12月17日

純国産の検索エンジンを開発・販売する、ソフトウェア研究開発・コンサルティングのビジネスサーチテクノロジ株式会社 (本社:東京都千代田区神田須田町1-2-1、代表取締役CEO:城野洋一、以下「BST」)は、多言語対応全文検索エンジン「WiSE (ワイズ)」シリーズの主力製品「WiSE Standard (ワイズ・スタンダード) 」の最新版を発表いたします。

今回発表するものは、WiSE Standard の最初のマイナーバージョンアップにあたる「WiSE Standard Version 2.1.1 (以下「WiSE V2.1.1」) 」で、本日よりご提供を開始いたします。

WiSE Standard は、2007年 8月29日に発表したWiSEシリーズ新体系における主力製品です。いままでご提供してきたV2.1と比較して、今回のV2.1.1では主に以下のような機能の追加・改良が施されています。

■複数類語システム辞書
■対応プラットフォームの追加
■各種機能のブラッシュアップ


対応プラットフォームとしては、数多くのお問い合わせおよびご要望をいただいていたRed Hat Enterprise Linux 5、CentOS 5、Asianux Server 3を公式にサポートいたします。よって、これらの新しいプラットフォームを利用して検索機能を含むシステムを構築されるようなケースにも、お応えできるようになりました。

またBST では、お客様が想定されている利用環境そのものにおいて、まずはご評価いただくことが第一である、と考えております。今回のV2.1.1からは、期間を限定した「評価版」のご提供に関しても、いままで以上に積極的にご要望にお応えしてまいる所存です。

このWiSE V2.1.1 をご提供していくことで、これまで以上に、ECおよびポータル系ウェブサイトはもちろん、ASP/SaaSプラットフォームなどにおいても、より一層お客様の細かいニーズにお応えできる全文検索エンジンWiSEのご採用が進んでいくもの、と考えております。

BST では、市場のニーズに耳を傾け、パートナ企業のお力添えもいただきながら、今後も製品の性能および信頼性の向上に努めてまいります。

■多言語対応高速全文検索エンジン「WiSE」について

WiSE (Worldwide Internet & Intranet Search Engine) は、ビジネスサーチテクノロジ株式会社 が開発した多言語対応の高速全文検索エンジンの総称です。

WiSEはご提供開始から1年間で約100社にご採用いただいているほか、すでに国立の研究機関や公共サービスを行う民間企業などにおける大規模検索用のエンジンとしても、試験運用がなされています。

また、アスクル様の「ぽちっとアスクル」( (リンク ») ) をはじめとする話題のサイトにも広くご採用いただいているほか、ビジネスパートナ様との協業によってご提供する各種統合ソリューションにもご好評をいただいております。詳しくは下記のプレスリリースリストをご覧ください。
(リンク »)

WiSEには、以下の用途別種類があります。価格も含め、詳しくは製品情報ページをご参照ください。 (リンク »)

■Standard

WiSE Standard
大規模Webサイトやイントラネット内検索向け
WiSE EC
EC/ポータルサイト向け
WiSE Webクローラ
WiSE Standard対応Webクローラ
□動作環境

対応OS:64ビットLinux (※詳細はお問い合わせください)
ハードウェア:Intel x86互換64ビットCPUを搭載するPC・サーバ

■Entry

WiSE Entry
小規模システム向け
WiSE SS
Webサイト内検索専用
WiSE MT
ブログ (MovableType) 内検索向け
WiSE ASP
ASPサービス
□動作環境

対応OS:Linux、Windows (※詳細はお問い合わせください)
ハードウェア:Intel x86互換のCPUを搭載するPC・サーバ

■ビジネスサーチテクノロジ株式会社について
会社名:ビジネスサーチテクノロジ株式会社 (BST)
英文名:Business Search Technologies Corporation
資本金:489,025千円 (2007年5月30日現在)
設立:2004年2月9日
事業内容:情報検索ソフトウェア「WiSE」シリーズの研究開発・販売・サービスの提供。コンピュータソフトウェアおよびハードウェアの開発・販売および付帯するコンサルティング等
所在地:東京都千代田区神田須田町1-2-1
Web: (リンク »)


ビジネスサーチテクノロジ株式会社は、大手コンピュータメーカにおいて1996年から継続して開発してきた「技術」の蓄積と「ソリューション」ビジネスの経験をもとに、新世代の検索エンジンソフトウェア「WiSE」を開発しご提供しております。

内部統制やナレッジマネジメントの重要性が再認識される流れの中で、弊社では、企業内情報管理ご担当者様やウェブサイト管理者様、電子商取引ご関係者様など、それぞれのお客様の現場におけるニーズを的確にくみ取り、最適な検索ソリューションをご提供してまいります。

ビジネスサーチテクノロジ株式会社は、特定非営利活動法人 ASPインダストリ・コンソーシアム・ジャパン(ASPIC Japan)、および総務省とASPICジャパンが合同で設立した「ASP・SaaS普及促進協議会」のWGにも参加しております。

BST では、今後も市場から要求される高性能かつ高品位な製品の開発、およびサービスやサポートも含めた信頼性の向上に努めてまいります。

■製品に関するお問い合わせ先
ビジネスサーチテクノロジ株式会社
営業部
03-3526-6141
(リンク »)


■本リリースに関するお問い合わせ先
ビジネスサーチテクノロジ株式会社
広報宣伝部(根本、加藤)
03-3526-6141
press@bsearchtech.com
(リンク »)

※文中の社名、製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビジネスサーチテクノロジ株式会社の関連情報

ビジネスサーチテクノロジ株式会社

ビジネスサーチテクノロジ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!