米国のケーブルオペレータは激しい競争により投資し続ける

株式会社データリソース 2008年01月08日

米国の調査会社インスタット社は、出版調査報告書「米国のケーブルTV事業者調査:加入者数、サービス別利用状況、CAPEX - US Cable TV Operator Survey: Competition Reshapes the Industry」のプレスリリースにおいて、ケーブルモデムのVODサービス(take-rate)は成長を続け、ケーブルテレビ加入者の42%がケーブルモデムサービスに加入しているという調査結果を発表した。

米国の有料テレビ市場の競争が激化しているため、ケーブルテレビオペレータは引き続きネットワークに投資し、新しいサービスを提供することに力を入れていると、米国調査会社インスタット社は報告する。例えば、現在では米国ケーブルテレビシステムのなんと90%が、HDビデオサービスを提供している。これは50社の米国のケーブルテレビシステムオペレータを対象に行ったインスタット社の調査結果における一例である。

「衛星テレビのサービスプロバイダとの激しい競争や、VerizonやAT&Tなどの通信企業によるテレビサービスの提供によって、米国のケーブルテレビオペレータは、新しい収益源を開発し、一方で既存のビデオ加入者を引き止めざるを得ない状況にある」と、インスタット社のアナリストMike Paxton氏は述べている。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ ケーブルシステムの84%が、現在750MHz以上の帯域幅を利用可能である
■ HDビデオサービスでは6MHzチャンネルの利用可能な数が増加しているが、それ以外のほとんどのケーブルシステムは今後1年間のチャンネル割当を静観する予定である
■ 米国のケーブルシステムに、OCAP利用可能なケーブルセットトップボックスが導入され始めている。ケーブルシステムの26%が、OCAP利用可能なケーブルセットトップボックスを採用している
■ ケーブルモデムのVODサービス(take-rate)は成長し続けるだろう。ケーブルテレビ加入者の42%がケーブルモデムサービスに加入している
■ ケーブルシステムの54%が、自社のケーブルテレビサービスエリアにおいて、通信事業者のテレビビデオサービスが既に提供されていると述べている。これは、米国でいかに急速に、通信事業者のテレビサービスが拡大しているかを示している

インスタット社の調査レポート「米国のケーブルTV事業者調査:加入者数、サービス別利用状況、CAPEX - US Cable TV Operator Survey: Competition Reshapes the Industry」は、米国のケーブルテレビ市場を調査している。この調査レポートは、米国の50社のケーブルテレビシステムオペレータを対象に行った調査に基づいており、既存のビデオ、データ、音声サービス、今後導入するサービス、現在のケーブルシステムのキャパシティ、サービスバンドルパッケージング、投資の現状、競争環境について質問している。

[調査レポート]
米国のケーブルTV事業者調査:加入者数、サービス別利用状況、CAPEX
US Cable TV Operator Survey: Competition Reshapes the Industry
(リンク »)

インスタット (In-Stat)について
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!