Draft IEEE802.11n +全ポートギガビットの超高速無線LANルータ「MZK-W04G」を発売

プラネックスコミュニケーションズ株式会社 2007年10月17日

プラネックスコミュニケーションズ株式会社(代表取締役社長:久保田克昭、本社:東京都渋谷区、JASDAQコード 6784)は、無線部はIEEE802.11n Draft2.0に対応し理論値300Mbpsの通信が可能、有線部は WAN側、LAN側がすべてギガビットに対応した無線LANルータ「MZK-W04G」を全国の主要代理店およびPLANEX Directを通じて発売いたします。また、MZK-W04GとUSB無線LANアダプタ/無線LANカードとのセットモデルも今後それぞれ発売予定です。
【無線部機能】
■ IEEE802.11n Draft2.0に対応
次世代高速無線LAN規格のIEEE802.11n Draft2.0に対応。最大で300Mbps(数値は理論値)のスループットを実現します。これまで電波が微弱だった遠い場所や、障害物により死角となっていた場所でも複数のアンテナで電波を受信することで、安定した接続が可能になります。
※Draft IEEE802.11n規格で通信するには、通信先機器もDraft IEEE802.11nに対応している必要があります。
■ WPS対応(簡単無線設定機能
無線LANの設定が、本体のボタンを押してパソコン側の簡単なユーティリティの操作だけで行えます。「GW-EX300N」のようなWPSボタン搭載の無線LAN子機と接続する場合は、無線LAN親機と子機本体のボタンをプッシュするだけで無線LAN設定が完了します。はじめて無線LANを使うユーザでも、簡単に接続設定を行うことができます。
【WPSとは】
WPSとは、「Wi-Fi Protected Setup」の略で、無線LAN機器の接続とセキュリティの設定を簡単に実行するための規格です。無線LAN関連の業界団体「Wi-Fiアライアンス」が仕様を固め、2007年1月から対応機器の認定を行っています。WPS対応の無線LAN機器ではこれまでのような煩雑な設定を行うことなく無線LANの設定が行えるというメリットがあります。
■ 障害物に強い
Draft11nの「MIMO(Multiple Input Multiple Output)」技術を採用しています。アンテナを3本搭載しており、送信時には2本のアンテナ、受信時には3本のアンテナを同時に使うことにより、強力な通信が可能です。障害物に反射した電波も複数のアンテナで受信できるので、障害物が多い環境でも安定した通信が行えます。
■ 使用環境に応じてルータとアクセスポイントをワンタッチ切り替え
スイッチひとつで切り替えが簡単にできるので、お手持ちのモデムにルータ機能が有る無しに関係なく、ほとんどのプロバイダで利用可能です。
■ 利用中の無線LAN子機の買い替えは不要
IEEE802.11b/g無線規格にも対応していますので、パソコン側の無線LAN子機を買い替えることなく利用できます。
Draft IEEE802.11n規格対応のパソコンとIEEE802.11b/g規格対応のパソコンを同時に接続することも可能です。
【有線部機能】
■ LAN側ギガビット
LAN側の4ポートがギガビットLANに対応しています。ギガビットのネットワークを簡単に構築することが可能です。
■ WAN側ギガビット
本製品はLAN側だけでなくWAN側のポートもギガビットに対応しています。ギガビットに対応したインターネット接続サービスを利用すれば最大限の性能を生かすことが可能です。実測最大値は997.41Mbpsです。(Smartbits値)
【有線部機能】
■ BitTorrent機能
ダウンロードをパソコンではなくルータ単独で行うことを実現しました。ブラウザでルータにダウンロード設定を行うだけで、パソコンの電源を落としていてもルータにUSB接続したハードディスクドライブへダウンロードし、保存する事が可能です。外出先からでもルータにブラウザでアクセスできる環境があれば、どこからでもダウンロードできます。
■ iTunesサーバ機能
ルータにUSB接続したハードディスクに音楽ファイルを保存しておくだけで複数のパソコンで音楽を楽しむ事が可能になります。これによりパソコンごとに同じ音楽を保存しておく必要はなくなります。また、iPodをルータのUSBポートに接続するだけで、LAN接続されたパソコンでiPodに保存されている音楽を楽しむ事が可能です。
■ ホームメディアサーバ機能(DLNAv1.0対応)
家庭内LAN(ホームネットワーク)を用いてAV機器やパソコン、デジタル家電を接続し、連携して利用するための規格であるDLNAに対応しております。これにより、今後増えていくDLNA対応機器との連携もスムーズに行えます。
■ ファイルサーバ
2つのUSBポートを搭載しています。 USBポートに外付けハードディスクを接続することによりLAN接続ハードディスク(NAS)として利用することが可能です。
■ 「Wi-Fi CERTIFIED」認証取得
無線LANの業界団体Wi-Fiアライアンスの認定試験において、無線LAN機器間の相互接続性および無線LAN規格Draft IEEE802.11n/g/bから期待される性能を有すると認められたことを証明する「Wi-Fi CERTIFIED」認証取得製品です。より安心して無線LAN機器をご利用いただけます。
■ RoHS対応
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、6価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。



【製品写真】
(リンク »)

【メディアご担当者様お問い合わせ先】
(リンク »)

【読者からのお問い合わせ窓口】
0120-415-976

【ユーザ直販ページ】
PLANEX Direct
0120-415-978
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

プラネックスコミュニケーションズ株式会社

プラネックスコミュニケーションズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!