貨物軽自動車運送事業の株式会社Qカーゴが一般貨物自動車運送事業に2月1日より新規参入

株式会社By-Qホールディングス 2008年01月31日

From DreamNews

貨物軽自動車による緊急配送サービス事業、引越事業を手がける株式会社Qカーゴ(本社:東京都大田区 代表取締役 高柳均 以下「Qカーゴ」)は、2008年2月1日より一般貨物自動車運送事業に新規参入いたします。

■QカーゴURL    (リンク »)

≪一般貨物自動車運送事業、新規参入の経緯≫

By-QグループであるQカーゴは、2002年3月の創立以来、バイク便市場で培った緊急配送のノウハウを武器に、貨物軽自動車運送市場で順調に成長してまいりました。また、順調に事業を拡大してく過程で、多くのお客様より信頼を獲得していくと同時に、お客様からの一般貨物配送へのニーズも次第に高まりをみせてまいりました。

軽四輪による配送を行っているQカーゴは従前、こうした一般貨物の需要については提携運送事業者へ配送を委託していました。しかし、一般貨物の需要増大を鑑み、お客様へのより一層のサービス向上を目的に、Qカーゴは2007年12月「関東運輸局長許可 関自貨第1564号」を取得し、2008年2月1日、一般貨物自動車運送事業に正式に新規参入するはこびとなりました。


≪一般貨物自動車での緊急配送が可能に≫

現在の一般貨物自動車は、定期運行を行っている運送事業者が多いため、突発的なお客様からのご依頼への対応が難しいと言われています。そのような市場において、Qカーゴは貨物軽自動車運送市場・バイク便市場で培った緊急配送のノウハウと運行管理システムを活用し、今までにない一般貨物自動車による緊急配送を実現することで、一般貨物市場におけるシェア拡大を目指してまいります。


今後もQカーゴは、緊急性・セキュリティ性に磨きをかけると同時に、総合物流として幅広い輸送需要に対応してまいります。

なお、一般貨物自動車運送事業の初年度の売上は、5千万円を目標としております。




≪補足説明≫



■貨物軽自動車運送事業について



軽トラック(軽四輪)を使用して、荷主の荷物を運送する事業全般のことを指す。荷主から比較的小さな荷物の運送依頼を受け、運賃を受け取る場合は全てこの事業にあたる。




■一般貨物自動車運送事業について



普通トラックを使用して、荷主の荷物を運送する事業全般のことを指す。荷主から運送依頼を受け、運賃を受け取る場合は全てこの事業にあたる。車両の大きさ・構造等は、輸送する貨物に対して適切なものである必要がある。




■運行管理システム



バイク便・軽四輪便・自転車便などに関わるすべてのデータを一括管理するシステム。配送内容・配送状況などをリアルタイムで更新・共有することができ、ドライバーとの間で配送データをリアルタイムで送受信できることが特色。緊急性を重視する当グループ最大の武器。




■株式会社Qカーゴについて



本社所在地  東京都大田区大森本町2丁目7番地17号



電話      0120-77-8524



代表者     代表取締役社長 高柳 均



設立年月日  2002年3月6日



資本金     1,000万円



サービス    貨物軽自動車・一般貨物自動車による緊急配送サービス事業、引越事業



URL       (リンク »)




<本件に関するお問合せ先>
■株式会社By-Qホールディングス
電話     03-5379-8124 FAX 03-5379-8786
担当     総務グループ広報室 花田
e-mail    info@by-q.co.jp



URL       (リンク »)

■株式会社Qカーゴ


電話     0120-77-8524



担当     五百蔵(いほろい)・中村




関連URL   Qカーゴ   (リンク »)



       By-Qホールディングス   (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?