FEED MODELによる携帯利用動向調査

株式会社IMJモバイル 2008年02月04日

From DreamNews

~F1ダッシュ層にとっての携帯とは?~
子供を持たない働く女性に対する携帯電話についての意識調査
詳細につきましてはこちらをご覧下さい。 (リンク »)

 株式会社アイ・エム・ジェイ(本社:東京都品川区 代表取締役社長 樫野 孝人 以下、IMJ)は、“女性の消費行動”を8つのクラスタに分類し、そのクラスタにあったアプローチ手段を検討する「FEED MODEL(R)」(  (リンク »)  )を開発し、ここから導き出されたコミュニケーション戦略に基づき、Web・携帯サイト構築やプロモーション施策を行なう「FEEDサービス」の提供を2008年1月17日(木)から開始いたしました。
 本サービス開始に伴い、株式会社IMJモバイル(本社:東京都品川区 代表取締役社長:廣田 武仁)は、「FEED MODEL」で活用する8つのクラスタの携帯行動特性についての調査を実施いたしました。

 今回の調査は首都圏・京阪神在住の1968年~1985年生まれ(2008年現在23歳~40歳)のインフルエンス機能の高い子供のいない有職女性(FEEDでは彼女達をF1ダッシュ層と定義いたしました)を調査対象とし、彼女達を8つのクラスタに分類し分析を行いました。 IMJが独自調査によって分類した8つのクラスタ(FEEDクラスタ)は以下の通りです。

【調査結果概要】

 IMJでは、これまで女性をターゲットとしたECサイトやコミュニケーションサイトを多数構築してきましたが、その中で、女性の「どう買うか」という消費行動のパターンは、個人の価値観や基本的な意識によって違いがでる、という傾向があると捉えました。

 今回はそんな女性の中でも特に消費の主役と言えるF1ダッシュ層にターゲットを絞り、IMJで分類した8つのクラスタの違いによって「携帯電話」の活用方法がどのように変わるのか、調査いたしました。
 携帯端末に対する意識や、普段利用している携帯サイトなど、8つのクラスタにおいてそれぞれ特徴が見られました。流行に敏感な「流行プレジャー型」は携帯電話についても、新端末を好む傾向にあり、フェリカなど新しい機能も積極的に利用していることがわかります。この「流行プレジャー型」と行動タイプが似ているクラスタが「高感度自在型」となり、こちらもデザインを重視する一方で、携帯電話の機能を生活にうまく活用しているようです。
 一方、ネットでのコミュニケーションに積極的な「こだわりマイペース型」は、パソコンで利用しているSNSやブログを携帯サイトでもよく閲覧し、モバイル2.0の主役と位置づけることができるようです。


【クラスタごとの携帯利用の特徴】

●「001高感度自在型」22%がフェリカを利用。業界を牽引する傾向にある。
●「002コミュニケーション行動型」携帯はデザイン重視ではなく、機能にこだわる。
●「003情報オンライン型」携帯サイトの閲覧は68%で1位。
●「004流行プレジャー型」上位ランクインが多く、携帯は生活の一部。
●「005良識バランス型」全てにおいて平均的で、流されない納得重視型。
●「006気配り柔軟型」サイトジャンルにより利用状況が大幅に異なる。
●「007シンプル自然体型」音楽視聴機能やデコメは使わず、携帯もシンプル主義。
●「008こだわりマイペース型」携帯サイト閲覧頻度が多く、主にSNS、ブログ。


【調査結果詳細】

■調査概要  
・調査方法 :   インターネットリサーチ  
・調査地域 :   首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県) 京阪神(京都府・大阪府・兵庫県)  
・調査対象 :   22歳~39歳の女性(有職者・子供なし)  ※調査会社が保有する調査パネル  
・有効回答数:   1000サンプル  
・調査日時 :   2007年11月30日~12月4日

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社IMJモバイルの関連情報

株式会社IMJモバイル

株式会社IMJモバイルの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!