設計書を共同で作成するワープロ crossnote をオープンソース・コミュニティ向けに無償提供

アップデイティット株式会社 2008年02月04日

離れた場所にいるオープンソース・コミュニティの開発者間のコラボレーション・ツール(協同作業ツール)として、お使いいただけます。

IT ベンチャーのアップデイティット株式会社(横浜市 代表取締役社長 安中伸彦)は、仕様書や設計書などを共同で作成するためのワープロ「crossnote(商品名)」をオープンソース・コミュニティ向けに無償提供します。

アップデイティット株式会社は、技術者同士の自然な集まりであるオープンソース・コミュニティを支援することが、IT 業界の健全な発展に寄与すると考え、crossnote を無償提供いたします。期間を限定せずに、20GByte 分のデータを格納するためのリポジトリーと、30 名分のcrossnote のライセンスを無償で提供いたします。

crossnote は離れた場所にいる開発者間で、互いに同じドキュメントを修正したり、どこをどう修正したのかを教えあうことができる、コラボレーションに特化したワープロです。オープンソースの開発においてはE-Mail やWiki など、テキストが主体の情報共有が一般的ですが、crossnote を使えば通常のワープロを使う感覚で図表入りのドキュメントを作成できるので、新しいアイデアを他の開発者に伝えやすくなります。crossnote で作成したドキュメントはHTML に変換して公開することができます。

このプレスリリースの付帯情報

crossnote

用語解説

オープンソース・コミュニティとは、無償でソースコードが公開されているオープンソース・ソフトウェアに関わる活動を行っている開発者やユーザから構成される、民間の非営利団体です。近年、オープンソース・コミュニティが大きな盛り上がりを見せ、新しいアイデアに基づく様々なソフトウェアが次々と生み出されてきています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アップデイティット株式会社の関連情報

アップデイティット株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR