自動車のアクティブセーフティシステムに有効なレーダー

株式会社データリソース 2008年02月04日

米国の調査会社ABIリサーチは、自動車業界にはアクティブセーフティシステムを人身事故や死亡事故の減少に役立てようとする方向性がでていると、報告する。

米国ニューヨーク、2008年1月2日
パッシブセーフティの有用性は、交通事故統計にはっきりと現れており、自動車業界にはアクティブセーフティシステムを人身事故や死亡事故の減少に役立てようとする方向性がでてきている。車や障害物との衝突事故を避けて、乗員を保護すべきであるのは当然のことだからである。

死角を確認せずに右左折したり、車線変更を行ったりすることが交通事故の主な原因であることが、多くの調査結果で分かってきた。追突も多い。このような事故の大半が、ドライバーのミス、主に不注意が要因である。新世代の運転支援システムは、道路上と他の車を監視し、危険が迫っていることをドライバーに知らせるように設計されている。なかには、ドライバーを補助するシステムもある。

「最新の運転支援システムは、障害物検知技術を使って常に車の回りの様子をモニターしている」とABIリサーチの主席アナリストのDavid Alexander氏は言う。「現在、超音波、レーダー、カメラが利用されているが、今後5年で主要技術はレーダーとなるかもしれない。」

ABIリサーチの調査レポート「車輌向け障害物検知システム:超音波、レーダー、光線レーダー、カメラの車輌安全技術市場分析」は、死角検知、車線逸脱警報システム、適応走行制御などの様々なドライバーアシスタンスシステムを調査している。駐車支援システムでは、依然として超音波が好まれるが、今後レーダーやカメラ技術の価格が下がり、有用性が高まれば競争が高まる可能性がある。

「今後5年間で市場は大きく成長し、市場規模は増加し、コンポーネントのコストは大幅に下がる。付加価値の高い機能が増加し、高級車のみならず一般車輌への搭載も進むだろう」とAlexander氏は言う。

「車輌向け障害物検知システム:超音波、レーダー、光線レーダー、カメラの車輌安全技術市場分析」は、世界市場の動向分析、コスト、様々なアプローチと戦略を用いた安全システム開発者による様々なアプローチと戦略を用いた技術査定、既存の製品広告とデザインウィンについて述べている。世界の車両向けシステムとセンサーは、地域別に2013年まで予測している。この調査レポートは「ドライバーアシステタンス年間リサーチサービス」の一環として提供されている。


◆調査レポート
車輌向け障害物検知システム:超音波、レーダー、光線レーダー、カメラの車輌安全技術市場分析 (リンク »)

◆米国 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?