新アプリ「熱血!ビーチバレーだよ くにおくん」を「iモード(R)」メニューサイト『熱血硬派くにお君i』で配信!!

CROOZ株式会社 2008年02月07日

From PR TIMES

モバイル総合エンターテイメント企業の株式会社ウェブドゥジャパンより
「iモード(R)」メニューサイト「熱血硬派くにお君i」にて
「熱血!ビーチバレーだよ くにおくん」を配信!!



 モバイル総合エンターテイメント企業の株式会社ウェブドゥジャパン
(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小渕宏ニ、コード番号:2138
大証ヘラクレス)は、2008年2月7日(木)より、「iモード(R)」メニューサイト
「熱血硬派くにお君i」で『熱血ビーチバレーだよ くにおくん』を
配信いたします。

 「熱血硬派くにお君i」は、ファミコン時代の名作ゲームをメインに
アプリを配信しており、根強いファンを持つ公式サイトです。

------------------------------------------------------------------
<『熱血!ビーチバレーだよ くにおくん』イメージ>
------------------------------------------------------------------
 ゲームボーイで発売され約14万本を販売した
『熱血!ビーチバレーだよ くにおくん』がついに登場!!おなじみ
くにおくんが今度はビーチバレーに挑戦!個性豊かな8チームのから
チームを選択し、2人制のビーチバレーを勝ち抜いてゆくぞ!!
くにおくんシリーズの特徴でもある必殺シュートも、必殺スパイクとなって
健在だ。多彩な動作を駆使しながら必殺スパイクで相手をぶっ飛ばせ!!

 ウェブドゥジャパンは、本アプリの配信を通じユーザー数の拡大を
図ることにより、モバイルコンテンツの販路拡大を促進し、自社配信
サービスの強化を行ってまいります。

------------------------------------------------------------------
<「熱血硬派くにお君i」について>
------------------------------------------------------------------
ファミコンで人気を博したくにおくんシリーズのゲームが楽しめる
「iモード(R)」メニューサイト。ファミコン時代の復刻ゲームが楽しめます。

利用料:月額315円(税込)
アクセス方法:iMenu→メニュー/検索→ゲーム→アクション
       →熱血硬派くにお君i
対応機種:「iアプリ(R)」対応端末
(*機種によっては、ご利用できないアプリもございます)

------------------------------------------------------------------
<株式会社ウェブドゥジャパンについて>
------------------------------------------------------------------
会社設立以来、モバイル総合エンターテイメント企業として、
モバイルビジネスの可能性に着目し事業を展開してきました。2004年8月、
業界に先駆けてモバイル専用ロボット型検索エンジン「CROOZ!」の
開発を皮切りに、キーワード連動広告、コンテンツ連動広告の配信サービスを
通じ、モバイル連動広告業界のフロンティアとしてプレゼンスを高めると
同時に、モバイルコンテンツの配信では、無料ゲームコミュニティ
「プチゲーフレンズ」をはじめ、電子コミック、デコメ、ブログサイトなど、
フルラインでサービスを提供し、あらゆるユーザーのモバイルライフを
もっと楽しく、もっと便利にすることを目指しています。
■会社名:株式会社ウェブドゥジャパン (コード番号:2138 大証ヘラクレス)
■URL: (リンク »)
■所在地:〒102-0084 東京都千代田区二番町5番地1 住友不動産麹町ビル
■設立:2001年5月
■資本金:316,697,500円 (平成19年3月末日現在)
■代表者:代表取締役社長 小渕宏二

※「CROOZ!」は株式会社ウェブドゥジャパンの登録商標です。
※「iモード」「iアプリ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CROOZ株式会社の関連情報

CROOZ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!