ネットエイジアリサーチ ケータイキャリアイメージ調査

~ユーザーが抱くキャリアイメージに変化の兆し~

ネットエイジア株式会社 2008年02月08日

モバイルリサーチ(http://www.mobile-research.jp/)を展開するネットエイジア株式会社(http://www.netasia.co.jp/)(本社/東京都港区、代表取締役:三清 慎一郎、以下ネットエイジア)では、「ケータイキャリアイメージ」に関する自主調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施しました。新商品の投入や新サービス導入でケータイ業界は活性化し、市場シェアの変化は注目されるところです。またケータイユーザーが抱くキャリアイメージもこれまでとは違った傾向が現れ始めています。  ネットエイジアでは、上記の点に着目し、15歳~39歳の携帯電話利用者に対して「ケータイキャリアイメージ調査」を実施し、466名の回答を得ました。(回答者キャリア内訳;NTTドコモ51.7%、au35.0%、ソフトバンク13.3%) 今後もネットエイジアでは、ケータイ市場の変化が読み取れる調査、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。

◆ NTTドコモ、他社ユーザーからのイメージ変動
 キャリアイメージを、10の選択肢を用意し、最も当てはまると思うイメージを回答してもらった。ドコモについては、ドコモユーザーで「信頼できる」との回答が圧倒的に多く74.4%、次に「トレンド」との回答となっているが5.9%に留まっている。前回同様の調査を2007年8月に実施したが、ドコモユーザーでは傾向は大きく変化していない。
auユーザーから見たドコモイメージは、「信頼できる」が44.5%。前回調査では29.6%の比率であり15ポイント上昇している。以下「トレンド」14.6%、「かっこよい」10.4%、「チャレンジャー」7.3%となっている。
ソフトバンクユーザーでは、「信頼できる」が43.6%、次いで「かっこよい」17.7%、3位「実用的」12.9%となっている。前回調査と比較するとドコモユーザー以外で「信頼できる」との回答が増えていることが目立つ。

◆ auイメージ、各キャリアユーザーで差、自社ユーザーで「トレンド」ポイント下降
 auのキャリアイメージは、各キャリアのユーザーでイメージが分かれる結果となった。auユーザーでは、「信頼できる」という回答が61.5%と多く、「チャレンジャー」9.5%、「実用的」5.9%となっている。「トレンド」との回答が4.7%で前回と比べ半分以下のポイントとなっている。ドコモユーザーのauイメージは、「信頼できる」23.9%、「チャレンジャー」22.9%と両イメージが拮抗、次いで「トレンド」14.3%となっている。ソフトバンクユーザーでは、「トレンド」が24.2%でトップ、次いで「チャレンジャー」21%、「信頼できる」が17.7%となった。

◆ ソフトバンク、自社ユーザーで「信頼できる」回答がアップ
 ソフトバンクに関しては、自社含め3キャリアユーザーとも「チャレンジャー」のイメージが色濃いことは前回調査と変わらないが、自社ユーザーで「信頼できる」との回答がアップしたことが特徴的だ。ソフトバンクユーザーの回答は、「チャレンジャー」が40.3%、次いで「信頼できる」との回答が32.3%(前回20.8%)。ドコモユーザーが抱くソフトバンクのイメージは、「チャレンジャー」48.6%、2位は「信頼できる」11%、「企業努力をしている」9.4%が上位。auユーザーの回答は、「チャレンジャー」50.6%、次いで「トレンド」9.8%、「国際的」8.5%となっている。

◆ CMイメージ、各キャリアとも「印象に残る」がトップ。2位イメージに差
 CMイメージを「印象に残る」「伝えたいことがはっきりしている」「画期的」「面白い」「お金がかかっている」「ブランドイメージが良くなる」「繰り返し見たい」という選択肢で聞いたところ、各キャリアとも「印象に残る」がトップ回答となっているが、それ以外でドコモが「お金がかかっている」、auでは「伝えたいことがはっきりしている」、
ソフトバンクで「面白い」との回答が上位で、キャリアのCMイメージに差が出る結果となり前回調査と傾向はほぼ変わっていない。

□調査概要(クローズド調査)
○調査対象・・・15歳~39歳のケータイユーザー
○調査地域・・・全国
○調査期間・・・1月18日~1月21日
○回答サンプル数・・・466名(回答者キャリア内訳;NTTドコモ51.7%、au35.0%、ソフトバンク13.3%)
 年代;15歳~19歳32.8%、20歳~24歳20.4%、25歳~29歳13.3%、30歳~34歳15.5%、35歳~39歳18.0%
 性別;男性48.9%、女性51.1%
<本件についてのお問い合わせ>
マーケティング事業本部 担当:境野(サカイノ)
(リンク »)
Tel: 03-3589-3255   Fax: 03-3589-3256 mobile-press@netasia.co.jp

◆マーケッター・リサーチャーのためのメールマガジン
「モバイルトレンドマガジン創刊」~マーケティングにおけるモバイル活用最新情報~
メールマガジン申込サイトURL  (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットエイジア株式会社の関連情報

ネットエイジア株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!