株式会社ちょびリッチ リアルタイムウェブイベントの説明セミナーを2月21日(木)14:00から15:00に開催

株式会社ちょびリッチ 2008年02月20日

株式会社ちょびリッチ(代表取締役:斎藤利春 東京都杉並区)は、株式会社ブイキューブ(代表取締役:間下直晃 東京都目黒区)と協業し、今後ちょびリッチが運営するインターネットメディアサイト「ちょびリッチ」( (リンク ») )上にて、リアルタイムウェブイベントを開催していきます。リアルタイムウェブイベントでは投資セミナーや料理教室等の各種セミナー、実演による商品販売等をリアルタイムで行うことを予定しており、ユーザーに対して、より視覚効果の高い広告を配信することが可能となります。リアルタイムウェブイベントの本格稼動開始に先立ち、来る2月21日(木)14:00から15:00の日程で、今回のリアルタイムウェブイベントの説明セミナーをインターネット上で開催いたします。

<開催概要>
日時:2月21日(木)14:00から15:00
タイトル:「【第7回】必見!! 発信型広告でマーケティング&販売促進!!
URL: (リンク »)


■株式会社ちょびリッチについて
「ちょびリッチ」は「サイフもココロもハッピーに!」をコンセプトとして、おもにインターネット上でポイントサービスを提供しています。
「ちょびリッチ」が提供するポイントサービスとはユーザーが「ちょびリッチ」のサイトを経由し、提携サイトでショッピングや各種サービスのお申込みなどのアクションを行うと独自の「ちょびリッチポイント」が貯まっていきます(注:提携サイトでポイントサービスを行っている場合には提携サイトのポイントも貯まります。)。貯まった「ちょびリッチポイント」は現金、各種電子マネー、ギフト券などに交換することができます。「ちょびリッチ」は、20代・30代の男女を中心に約100万人の会員と月間の総ページビュー約8,000万PVを有する国内大手のポイントサイトであり、その他にモバイルメディア「ちょびリッチモバイル」、動画投稿サイト「ちょびリッチVISION」などを運営しています。

■株式会社ブイキューブについて
ブイキューブは、離れていながらまるでその場にいるかのようなコミュニケーションを実現する、「nice to meet you」各サービスを提供するビジュアルコミュニケーションのリーディングカンパニーです。ウェブテレビ会議やオンラインセミナー、動画配信、遠隔教育など多様なサービスを展開しており、その組み合わせによって、顧客の要望にあわせたパッケージを提供しています。


=会社概要=====================
株式会社ちょびリッチ
代表取締役 齋藤利春
資本金 6,570万円
〒166-0011 東京都杉並区梅里1-7-7 新高円寺ツインビル2F
設立2004年8月20日
■関連媒体
ちょびリッチ。 (リンク »)
ちょびリッチVISION  (リンク »)
■事業内容 
インターネットメディア「ちょびリッチ」の運営
Webサイト構築の総合コンサルティング、製作、管理
広告代理事業
==========================
=会社概要=====================
株式会社ブイキューブ
代表取締役 間下直晃
資本金 39,306万円
〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-9-1
設立 1998年10月
■事業内容
ビジュアルコミュニケーションツールの企画・開発・販売・運用・保守。
==========================

-----------------------------------------------
本リリースについての問い合わせ
◆株式会社ちょびリッチ
E-Mail:info@chobirich.jp
-----------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ちょびリッチの関連情報

株式会社ちょびリッチ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!