携帯電話向け「3Dアバター 一体型モデル自動生成システム」を開発、提供を開始

株式会社インタラクティブブレインズ 2008年02月21日

株式会社インタラクティブブレインズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:笠井秀行)は、携帯電話向けに最適化された「3Dアバター 一体型モデル自動生成システム」を開発し、本日提供を開始した「Mobileゴルフパンヤ」へ応用するとともに、企業様向けに受託・販売を開始いたしますことを発表致します。

本システムでは、3Dアバターの各パーツの何万通りにおよぶ組合せをサーバー側で自動生成し、組合せデータを一体型モデルとしてサーバーから携帯電話端末に送信します。しかも、本技術では携帯電話に最適化された標準のデータフォーマットでの生成を行います。

これにより、本システムは従来アバターシステムに対して以下の優位点があります。

1.データ(パケット)通信量の大幅削減
 データ通信料が大幅に削減されるため、利用者の皆様にとっては、「ダウンロード時間の短縮」「パケット通信 
 料の削減」に効果があります。また、「ダウンロード時間の短縮」は携帯電話で発生する通信断への耐性も高めています。

2.端末側の描画速度の向上
 携帯電話端末側での演算処理が単純化されるため、3Dで動くキャラクターの動作速度が飛躍的に向上します。
 これにより、今後、より高精細のアバター表現も可能になります。

3.アバター表現力の向上
 従来の3Dアバターシステムでは、各パーツ(部位)を別々に携帯電話端末上で組み合わせて表現するため、パーツ間のつなぎ目が不自然になるなどの課題がありましたが、一体型モデルではこの現象は発生しません。

4.ゲームなどのプログラム開発の単純化
 本システムを用いることで、アプリ側のプログラム開発を単純化し、・短開発期間化(低コスト化)を図ることが可能です。

本システムは、本日発表致しました「Mobile ゴルフパンヤ」で実現している、「ストレス無い各キャラクターのアバター表現と通信対戦」の基幹技術として活用しています。

本システムの開発を指揮した、当社 会長兼CTOの武田政樹は、「各携帯電話事業者が導入を推進している3D高速描画システムとの親和性も高く、今後の3Dアバターシステムとゲームの融合を容易に行えることで表現力を高め、革命を起こせるものとして多いに期待しています。本システムをモバイル3Dアバターとゲームの開発に取り組むすべての人に利用して頂ければと思います。」と話しています。

©2008 NTREEVSOFT Co.,Ltd.
©2008 Interactive Brains Co.,LTD. All Rights Reserved.
※「インタラクティブブレインズ」、インタラクティブブレインズロゴ、およびその他の製品/サービス名は、当社または当社の関連会社が所有し、またはライセンスその他の正当な権限に基づき使用する商標または登録商標です。その他の会社名および製品/サービス名は、各社の商号、登録商標または商標です。利用者がこれらを無断で使用することは禁止します。


【本件に関するお問合せ先】
株式会社インタラクティブブレインズ  
広報担当者 高平 岳(eigyo@ibrains.co.jp) TEL:03-5949-6861 FAX:03-3971-2311

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インタラクティブブレインズの関連情報

株式会社インタラクティブブレインズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR