ウイングアーク、セイノー情報サービスの運用パッケージ「SLIMS-WH」に帳票基盤ソリューション「SVF」の運用機能を提供

IBMSystemi対応で、幅広い運用業務のニーズに迅速に応える

ウイングアーク1st株式会社 2008年02月26日

 Form&Dataのウイングアークテクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアークテクノロジーズ、本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、株式会社セイノー情報サービス(以下、セイノー情報サービス、本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:孫工昇嗣)の物流センター業務の効率・信頼性を向上する実行ソリューション「SLIMS-WH」に、帳票基盤ソリューション「SuperVisualFormade」(以下、SVF)の帳票運用機能を提供することをお知らせいたします。
 「SLIMS-WH」では、これまでのWindows環境及びUNIX環境に加え、今回新たにi5/OS上で実装するSVF帳票運用モジュール群「SVFforSystemi<i5/OS版>(※)」を採用し、信頼性・安定性・運用管理性の高いSystemi環境で、きめ細かい帳票運機能を備えた「SLIMS-WH」をご利用いただくことが可能になりました。Systemiをご利用の企業様にも活用いただける、幅広いシステム運用環境で、作業の効率化をはかる在庫管理ソリューションを提供することができます。
 
 物流業界を取り巻く環境は、ガソリン代の高騰や、駐車違反の取締強化、労働基準法の改正に加え、郵政の民営化による新規企業の参入で価格競争が行なわれるなど、非常に変化が激しい状況にあります。このような環境下、さまざまな要因から発生する業務の要求に柔軟に対応でき、かつコスト削減につながるシステムが必要とされています。

 セイノー情報サービスの「SLIMS-WH」は、在庫管理状況の一元管理によりリアルタイム作業指示・作業実績収集を実現できるソリューションとして利用されています。倉庫や物流センターの形態・特性や規模に合わせた多様な作業方式に対応、作業の標準化をはかることで、経済的かつ短期に導入でき、作業効率および精度の向上をはかります。
 物流業務において、基幹システムのデータを全国各地の物流センター拠点に伝達する帳票は、業務を円滑に進めるためになくてはならない情報伝達の手段として、伝票や請求書など様々な形式で運用されています。この帳票運用において、業務で発生する変更に柔軟に対応し、開発生産性とメンテナンス性の向上をはかるツールとして、帳票基盤ソリューションとして「SVF」が採用されました。業務の第一線で運用される帳票は、業務にあわせた様々な形式がありその対応が求められます。帳票分野で高い実績を持つ「SVF」を利用することによって、PDFによる帳票の電子化や配送現場の業務効率化だけでなく、開発工数の削減、また帳票運用の一元化による印刷コストや作業時間の削減が期待でき、業務の効率化に有効な帳票機能として運用されています。

 また、セイノー情報サービスの無線(RF)ハンディ端末を使用した検品システム「検品PRO」にも、「SVF」(Wiondows版のみ)の帳票機能を採用頂き、業務在庫管理の可視化をはかるソリューションにおける帳票機能を提供します。セイノー情報サービス様が提供するソリューションにあわせ、物流センターの形態・特性や規模に合わせた多様な帳票運用環境を提供し、作業の効率化に貢献してまいります。

※「SVFforSystemi<i5/OS版>」:PDF出力やクライアント印刷に対応する帳票運用モジュール

<セイノー情報サービス>
◆「SLIMS-WH」(物流センター業務の効率・信頼性を向上する実行ソリューション)
(リンク »)
◆「検品PRO」(検品業務に特化し、業務精度向上や可視化を実現するソリューション)
(リンク »)

<ウイングアークテクノロジーズ>
◆「SVFforSystemi」(Systemi対応の帳票基盤ソリューション)
(リンク »)
◆「SVFforSystemi<i5/OS版>」出荷(2007/11/6)に関するプレスリリース詳細
(リンク »)

◇この度、セイノー情報サービス様、日本アイ・ビー・エム様と共催で、物流業界におけるシステムの問題解決セミナーを開催いたします。詳細は以下をご覧ください。
<セミナー情報>
タイトル:物流業務の問題解決セミナー ~KKD(勘・経験・度胸)に頼らない在庫管理を実現~
開催日:3月6日(木) 
時間:13:30-16:00(開場:13:00)
定員:30名 
受講料:無料
会場:日本アイ・ビー・エム株式会社 金沢事業所
〒920-0031金沢市広岡3-1-1金沢パークビル9F
共催:株式会社セイノー情報サービス/日本アイ・ビー・エム株式会社
/ウイングアークテクノロジーズ株式会社
お申し込みURL: (リンク »)

【株式会社セイノー情報サービスについて】 (リンク »)
セイノー情報サービスは、セイノーグループで培ったノウハウを基盤とし、物流の問題を解決するITソリューションやサービスを提供しています。
西濃運輸の情報処理業務をはじめ、「SLIMS-WH」に代表されるWMS(物流センター管理システム)、車両を円滑に管理するTMS(輸配送管理システム)、総合的なSCMをサポートするSCM支援ソリューションとサービス、そして物流全般のコンサルテーションを主軸とした事業を展開しています。

[ウイングアークテクノロジーズについて]  (リンク »)
「Form&Data」のウイングアークテクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.SumEA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアークテクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:70億円(2007年2月期)
従業員数:146名(2007年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアークテクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!