株式会社スポーツレイティングス、『ドリームベースボール2008』提供開始!

~日本初!ファーム(2軍)の試合結果データを活用したゲームの提供開始!~

株式会社アドミラルシステム 2008年03月03日

 株式会社アドミラルシステムのグループ会社である株式会社スポーツレイティングス(東京都渋谷区、代表取締役青木邦哲、以下「当社」)は、平成20年3月3日より、プロ野球予想・チーム育成オンラインゲーム「ドリームベースボール2008」の提供を開始いたします。

 株式会社アドミラルシステムのグループ会社である株式会社スポーツレイティ
ングス(東京都渋谷区、代表取締役青木邦哲、以下「当社」)は、平成20年3月3
日より、プロ野球予想・チーム育成オンラインゲーム「ドリームベースボール
2008」の提供を開始いたします。

 社団法人日本野球機構承認「ドリームベースボール」は、ユーザーが独自のチ
ームを作成し、実際に行われたプロ野球の試合結果から算出されたポイントを基
に他のユーザーとランキングを競い合うオンラインゲームとして平成18年よりサ
ービスを開始し、多数のユーザーの皆様にご利用いただいております。

 提供を開始して3年目を迎える今季におきましても、様々な新機能を提供いた
します。

 主な新機能といたしましては、昨年までは1軍のペナントシリーズのみ開催し
ておりましたが、「ドリームベースボール2008」では、ファーム(2軍)の試合
結果データを活用したペナントシリーズも1軍同様に開催いたします。
 ファームの試合結果をゲームに活用するのは、当社が提供する「ドリームベー
スボール」が初めてであり、プロ野球ファンのご期待に叶うものと期待しており
ます。

 その他にも、「ドリームベースボール」のゲーム性を高めるために、様々なサ
ービス面の強化をいたしております。

 詳細につきましては、「ドリームベースボール」ウェブサイト (リンク »)
bb.com/をご参照ください。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社アドミラルシステム
仁井 健友
Tel:048-259-5117FAX:048-259-3700
E-mail:ir@asj.ne.jp

株式会社スポーツレイティングス
穴井 太陽
Tel:03-5766-0800FAX:03-5766-0909
E-mail:info@sports-ratings.co.jp

【株式会社スポーツレイティングスの概要】
■社名:株式会社スポーツレイティングス
■URL: (リンク »)
■所在地:埼玉県渋谷区渋谷2-14-18
■代表取締役:青木 邦哲
■設立:2004年1月
■資本金:1億円

【株式会社アドミラルシステムの概要】
■社名:株式会社アドミラルシステム
■証券コード:2351
■URL: (リンク »)
■所在地:埼玉県川口市飯塚1-18-8
■代表取締役:丸山 治昭
■設立:1984年2月
■資本金:9億1,925万円

用語解説

【ドリームベースボール概要】
 「ドリームベースボール」は、アメリカで爆発的な人気を誇る「ファンタジー
ベースボール」の流れを汲みつつも、よりリアルでゲーム性を進化させたプロ野
球予想・チーム育成オンラインゲームです。
 「ドリームベースボール」とは、ユーザーが自分自身の手持ちの選手カードで
独自のチームを作成し、実際に行われたプロ野球の試合結果から算出された「B
BR(BaseBall-Rating)」(*)を基に算出されたポイントで、他のユーザーとラ
ンキングを競い合うオンラインゲームです。
 本ゲームは社団法人日本野球機構承認ゲームであり、ゲームに登場する選手は
全て実名でかつ全選手カードには選手の写真を使用していることから、選手カー
ドを収集する楽しみ、会員間でカードをトレーディングする楽しみを有しており
ます。
 また、ゲームに使用されるデータにはNPB・BISプロ野球公式記録を採用してい
ることから、リアリティ溢れるゲームが楽しめるものとなっております。

(*)BBR(BaseBall-Rating)・・・当社が独自に開発した、多岐に亘る評価基準
によって、選手のその試合における勝利の貢献度及び活躍度を総合的に100点満
点評価したもの。

詳細につきましては、 (リンク ») をご参照ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アドミラルシステムの関連情報

株式会社アドミラルシステム

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR