パチンコ・パチスロの人気機種で携帯電話を自分仕様に! 「パチンコ倶楽部」、きせかえコンテンツの配信を携帯サイトで開始

コムシード株式会社 2008年02月29日

携帯コンテンツの開発・サービス運営を手がけるコムシード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:石井博規、名古屋証券取引所セントレックス上場、コード:3739、以下コムシード)はパチンコ・パチスロの総合情報サイト「パチンコ倶楽部」において、本日より、携帯電話メニューや待受画面等を、パチンコ・パチスロの人気機種をモチーフにした仕様にカスタマイズできるサービスの提供を、NTTドコモおよびauの携帯電話向けに開始いたしました。

■パチンコ・パチスロファン待望、自分の好きな機種で携帯画面をカスタマイズできるサービス

NTTドコモの「きせかえツール」、auの「EZケータイアレンジ」は、携帯電話の待受画面やメニュー仕様だけでなく、バッテリー残量や電波強度の表示もテーマに沿ったカスタマイズができるようになっており、好きなテーマで携帯電話の表示を統一できるという人気コンテンツです。今回「パチンコ倶楽部」で提供するのは、自分の好きなパチンコ・パチスロ機がそのまま携帯電話のテーマになるという、ファン待望のサービスです。
本ツールの提供については、まず「モンスターハウス」(竹屋)、「義経物語」(サンセイR&D)、「スーパーHANAHANA」(パイオニア)の3機種からスタートし、今後はさまざまな機種を、月2~3件ずつ追加していく予定です。


■パッケージ内容
待ち受け画面、メニューアイコン、音声(テレビ)電話発信画面、音声(テレビ)電話着信画面、メール送信画面、メール/メッセージ受信中画面、センター問合せ画面、ピクトデザイン(電池残量・電波状況)、音声電話着信音、メール着信音

■対応機種
NTTドコモ
SH905i、N905i、P905i、D905i、SO905i、F905i、N905iμ、SH904i、N904i、F904i、D904i、SH903i、SH903iTV、N903i、F903i、F903iX、D903i、D903iTV
au
W54T、W53T、W53SA、W53S、EXILIMケータイW53CA、W52T、W52SH、W52SA、ウォークマン®ケータイW52S、W52P、W52H、W52CA
(一部、近日対応予定のものを含みます。また、テーマによっては対応していない機種もございます。詳細はダウンロードページでご確認ください。)



「パチンコ倶楽部」について

「パチンコ倶楽部」はコムシードが運営するパチンコ・パチスロの総合情報サイトです。多彩なスロットアプリ・ゲームアプリを取り揃えているほか、人気機種の着信メロディや待受け画像にきせかえツールも加わって、ダウンロードコンテンツがさらに充実。また、業界の最新ニュースやコラム、投稿コーナー等の読み物、ホール情報、出玉情報など、パチンコ・パチスロ好きなら毎日楽しめるサイトです。

■サービス利用料

有料会員:月額315円(税込)・・・「パチンコ倶楽部」の全てのサービスを利用できます。
無料会員:無料 ・・・情報取得が可能ですが、一部利用できないサービスがあります。
※ただし、きせかえツールは有料・無料会員問わず、従量課金(1DLあたり315円)。

■アクセス

iモード:iMenu⇒メニュー/検索⇒趣味/娯楽⇒パチンコ/パチスロ⇒パチンコ倶楽部
EZweb:auoneトップー⇒カテゴリ検索⇒懸賞・くじ・ギャンブル⇒パチンコ・パチスロ⇒パチンコ倶楽部
Yahoo!ケータイ:メニューリスト⇒趣味・レジャー⇒パチンコ・パチスロ⇒パチンコ倶楽部
CLUBAIR-EDGE:趣味&スポーツ⇒ギャンブル・懸賞・くじ⇒パチンコ倶楽部

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

コムシード株式会社の関連情報

コムシード株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!