冷却性と拡張性に優れたエントリーモデルのPCケース 120mmファンと140mmファンを標準搭載したThree Hundred ~HDDを最大6台まで搭載可能!120mmファンを3つ増設可能!いろいろ遊べるケースです~

株式会社リンクスインターナショナル 2008年03月19日

Antec正規代理店 株式会社リンクスインターナショナル
(本社:東京都千代田区、代表取締役:川島 義之)は、
冷却性と拡張性に優れたエントリーモデルのPCケース
Three Hundredを2008年3月20日より、全国のPC
パーツ専門店にて発売開始いたします。

Antec Three Hundredは、冷却性と拡張性に優れた
エントリーモデルのPCケースです。ATX規格のマザー
ボードと電源を搭載することができます。拡張性にも優れ、
3.5インチシャドウベイにHDDを最大6台まで搭載できます。
NVIDIA8800系の大きなグラフィックスカードにも対応
しています。

簡単に作業を行えるように、広めの内部スペースや電源
スイッチ類のケーブルを収納できる機能を採用しています。
冷却に関しては、標準で3段階のスピード調節機能付
140mmTriCoolファンと120mmTriCoolファンを搭載して
います。オプションにて、120mmファンを3つ増設できます。

吸気口となるフロントベイ(下6段)に、ホコリの侵入を防ぐ
洗浄可能なエアフィルターを採用しています。ケース内部
に溜まりやすいチリやホコリの侵入を防ぎます。定期的な
フィルターの洗浄が必要です。月に1回程度のフィルター
洗浄をおすすめいたします。

フロントポートや、電源スイッチ類のケーブルを側面に収納
できます。ご使用の環境に合わせケーブル長を調整できます。
無駄なケーブル長を抑え、ケース内部のエアフローを最適な
状況にコントロールいたします。

ケースのトップ(背面上部)には、3段階のスピード調節機能
付140mmTriCoolファンを搭載しています。速度設定は
700RPM~1500RPMまで設定できます。ケースのリア(背面)
には、3段階のスピード調節機能付120mm TriCoolファンを
搭載しています。速度設定は1200RPM~2000RPMまで
設定できます。ご使用の環境に合わせて、静かに強力に
冷却を行うことができます。

さらに冷却を強化したい場合には、フロントに120mmファンを
2つ増設できます。HDDユニットの冷却を強化したい場合や、
グラフィックスカード周辺の冷却を強化したい場合におすすめ
です。サイドパネルには、120mmファンを増設できます。グラ
フィックスカードやPCI周辺の冷却を強化したい場合におすす
めです。

型番はThreeHundred。利用可能なドライブベイは5インチ×3、
3.5インチ×0、3.5インチシャドウ×6。拡張スロット×7。本体
サイズは205(幅)×465(奥行き)×458(高さ)ミリ。重さは
約7.2Kg。搭載可能なマザーボード規格はATX/MicroATX。
搭載可能な電源規格はATX。ケースファンは120mmファン×1、
140mmファン×1。フロントポートはUSB2.0×2、Audio in/out
×1(HD AudioまたはAC97)になります。 製品の保証期間は
Antec Quality 3年間保証が付いています。



■□ Three Hundred 製品特徴

・冷却性と拡張性に優れたエントリーPCケース
・充実した拡張性と幅広いスペースで安心
・ホコリの侵入を防ぐ洗浄可能なエアフィルター
・トップ(背面上部)に大型140mmファン
・リア(背面)に120mmファン
・サイドパネルに120mmファン増設可能
・フロントに120mmファン×2増設可能
・優れた拡張性3.5インチシャドウベイ×6
・ケーブルオーガナイザーでエアフローを改善
・スイッチやUSB類をまとめた使いやすいフロントアクセス
・ケースの足には、大型の足ゴムを採用
・Antec Quality 3年間保証
・PCケース部門 最優秀賞 BCN AWARD2008 受賞



▼より詳しい情報はこちらをご確認ください。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

Three Hundred

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンクスインターナショナルの関連情報

株式会社リンクスインターナショナル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR