IPTVとスイッチドデジタルビデオ機器の市場は2011年に98億8000万ドルに達する

株式会社データリソース 2008年03月25日

米国の調査会社インフォネティクスリサーチ社は、世界のIPTV市場とスイッチドデジタルビデオ機器市場の合計は2011年に98億8000万ドルに達すると報告する。

カリフォルニア州キャンベル、2008年3月19日
世界のIPTV市場とスイッチドデジタルビデオ機器市場の合計は、順調に二桁成長を続け、2011年に98億8000万ドルに達するだろうと米国調査会社インフォネティクスリサーチ社のクォータリーレポート「IPTVとスイッチドデジタルビデオ機器、サービス、加入者ソフトウェア」は報告する。

「ビデオ加入者の争奪戦は、四半期ごとにますます激しさを増す。Orange、Free、Neuf、Fastweb、PCCW、Telefonica、China Telecomが成功裏にサービスを開始したことによって、IPTVサービスプロバイダはヘッドエンドを増加し、積極的にビデオ加入者にIPセットトップボックスを勧めるための投資を行っている。一方、ComcastやCablevisionなどの北米のケーブルMSO各社は、スイッチドデジタルビデオを推し進めており、帯域幅を無料で拡大し、高画質コンテンツを加入者に提供している」とインフォネティクスリサーチ社のIPTV部門の主任アナリストJeff Heynen氏は語る。

主な調査項目を以下にあげる。

*世界のIPTVとSDV機器収益総計は、2007年第4四半期に11億ドルに達した
*世界のIPTV加入者数は、2011年に9700万に達するとインフォネティクスリサーチ社は予測する
*世界のサービスプロバイダのIPTVサービスによる収益は、2007-2011年の5年間で10倍に成長するだろう
*世界のピュアIPセットトップボックスの収益は、2007年第3四半期から第4四半期にかけて16%成長し、2008年から急成長するだろう
*Motorolaは2007年の世界のIPセットトップボックス市場をリードし、MicrosoftはIPTVミドルウェアとコンテンツデリバリープラットフォーム市場を、UTStarcomは統合デジタルヘッドエンド市場をリードした
*2007年の世界のIPTV機器市場収益の内、北米が40%、欧州・中東・アフリカが30%、アジア太平洋地域が28%、ラテンアメリカ・カリブ海が2%だった

インフォネティクスリサーチ社のクォータリーレポート「IPTVとスイッチドデジタルビデオ機器、サービス、加入者」は、統合デジタルヘッドエンドプラットフォーム、ビデオオンデマンド(VOD)、ストリーミングコンテンツサーバ、IPビデオエンコーダ、ユニバーサルエッジQAM、IPTVミドルウェアとコンテンツデリバリープラットフォーム、IPセットトップボックスなどのIPTV機器の市場規模、市場シェア、予測を提供している。また、IPTV、ケーブルIPTV、ケーブルSDVサービスの収益と加入者数も追跡している。

2Wire、ADB、Alcatel-Lucent、Amino、ARRIS、Celrun、Cisco、Dasan Networks、Ericsson、Huawei、Microsoft、Motorola、Netgem、Nokia Siemens、OptiBase、Pace、Phillips、Sagem、Samsung、Scientific Atlanta、住友電工、Tatung、Telsey、Thomson、Tilgin、UTStarcom、Yuxingなどの企業について調査している。


◆調査レポート
IPTVとスイッチドデジタルビデオ機器、サービス、加入者
(リンク »)

◆米国インフォネティクスリサーチ社について
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?