第16回価格.comリサーチ  「ノートパソコン徹底調査!」結果

Windows Vista搭載ノートPCの普及率は2割程度、約7割はWindows XPを利用

株式会社カカクコム 2008年03月27日

~ユーザーがノートPCに求める機能は、「安定性」と「高機能」~

株式会社カカクコムが運営する価格比較サイト「価格.com( (リンク ») )」が実施したユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、第16回調査『ノートパソコン徹底調査!―あなたはどのように使ってる?―』から、結果を一部抜粋の上、ご案内します。いまやデスクトップPCをはるかに上回る需要があるといわれるノートPCに関し、ユーザーの所有状況、使用するシチュエーション、今後の購入予定などを調査しました。また、Windows Vista発売直前の2007年1月に発表した第2回『Windows Vista 発売直前~あなたはVistaを買いますか?~』の調査時から、どのように結果が変化したかも比較しています。


調査期間:2008年3月6日~3月18日
回答者数:3,187人
男女比率:男85.6%:女14.4%


<調査結果ダイジェスト>
◆ノートPCも「一人に一台」の時代に!― 約3割が2台以上を所有
約半数の方が「1台所有」と答えており、「2台以上持っている」という複数台所有の回答者が30%近くを占めた。もはや、ノートPCも「一家に一台」の時代から「一人に一台」の時代に入りつつあることを感じさせる結果に。

◆「Windows Vista」への切り替え、なかなか進まず ― 67%がXPユーザー
いまだに圧倒的に多いのが「Windows XP」で全体の3分の2程度を占める結果となった。これに対し、最新OSの「Windows Vista」に関しては、18.5%のシェアに留まり、ノートPCにおいても、Vistaへの切り替えはまだまだ進んでいない現状が明らかである。

◆今後購入の際に選ぶOS: Vistaが半数、3割はXPを選択
今後ノートPCを購入する際に選ぶOSを聞いた。現在、OSの主流は「Windows XP」から「Windows Vista」に移っているため、当然ながらVistaを選択するユーザーが多いと思われたが、意外にも半数程度にとどまった。逆にWindows XPと答えたユーザーが3分の1程度もおり、安定感が高く動作も軽いXPへの需要はまだまだ高い状況にあるといえる。

◆Vistaへ乗り換えない理由:「対応ソフトへの不安」が1位、発売前調査から変化は見られず
「Windows Vista」を選ばなかった理由としては、「持っているソフトが対応していないため」という理由が47.6%で最も多かった。これは、ユーザーがVistaに乗り換えられない最も深刻な問題となっており、特に企業などでXP用に開発したソフトが正しく動作しないことなどが多数報告されている。このため、企業用PCなどでは、今でもWindows XPモデルが用意されていることが多い。
その他の理由では、「何が変わるのかよくわからない」(34.8%)、「購入価格が高い」(31.2%)などが多く、Vistaに乗り換える積極的な理由が見つからないというユーザーの声を表している。

◆ノートPCの利用目的:家庭でのメインPCとしての利用が大半
ノートPCの利用目的としてもっとも多い回答はやはりインターネットで、「メール」(77.6%)、「お得な情報やニュースを見る(Webブラウジング)」(65.1%)と続く。「仕事」も53.1%と比較的高いが、「デジカメ写真の取り込み」(44.4%)「動画や音楽鑑賞」(36.4%)など、ホビー目的も多い。この結果からすると、家庭でのデスクトップPCの使われ方と相違ないことがわかる結果となった。

◆ノートPCに求める機能:「派手さよりも、安定した高機能」
今後のノートPCに求める機能として、最も多かった回答は「大容量メモリ」で、実に75.2%にも上る結果となった。次いで、「デュアルコアCPU」(61.1%)、「大容量HDD」(59.6%)、「無線LAN」(58.8%)といった回答が多く、「基本性能重視」の面が非常に強い回答結果になっている。
逆に、AV機能については、「ブルーレイディスク」(29.9%)、「地デジチューナー」(29.6%)、「高性能スピーカー」(15.0%)という結果で、それほど高い支持は受けていない。ユーザーの気持ちとしては、「華美な機能よりも、安定した高性能」というところだろうか。

(解説:鎌田剛カカクコムメディアクリエイティブ部部長)


詳細・結果総評は以下のURLからご覧頂けます。
(リンク »)


バックナンバーはこちら
(リンク »)


【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役:田中 実
事業内容:サイトの企画・運営
購買支援サイト『価格com(リンク)』
高級ホテル・旅館予約サイト『yoyaQ.com(リンク)』
グルメ・レストランのクチコミサイト『食べログ.com(リンク)』
新築マンション検索サイト『マンションDB(リンク)』


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム 広報室 甲斐/内山 
tel:03-5805-7511
e-mail: pr@kakaku.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!