ドリーム・アーツ、プロジェクトの「質」と「スピード」を向上させるひびき(R)PROJECT ver.1.3を発表

-インターフェースにAjaxを採用。使いやすさとパフォーマンスに磨きをかけ、現場で活躍するプロジェクトメンバーを強力に支援-

株式会社ドリーム・アーツ 2008年04月02日

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、本日、プロジェクトの「質」と「スピード」を向上させ、現場の創造性を高めるプロジェクト支援ツール ひびきPROJECT(ひびきプロジェクト)の最新版 ひびきプロジェクト ver.1.3を発表いたします。ひびきプロジェクト ver.1.3は、新たにAjaxを採用し、すでに定評のある直感的なインターフェースに磨きをかけると共に、画面レイアウトやメニュー構成を洗練させるなど、使いやすさを追及しました。さらに、膨大なデータ処理のアルゴリズムを最適化し、パフォーマンスを飛躍的に向上させました。

■管理よりもメンバーへの“支援”がプロジェクト成功のカギ
ひびきプロジェクトは、集団での創造的活動を支援するプロジェクト支援ツールです。変化が激しく、先行きが不透明な現在のビジネス環境において、プロジェクトを成功に導くカギは、進捗や工程を管理するツールではなく、現場の創意と熱意を具現化するプロジェクトメンバーへの支援です。ひびきプロジェクトは、大企業向け企業情報ポータル型グループウェアINSUITE Enterprise(インスイート・エンタープライズ)を基盤とし、各機能がシームレスに統合されており、プロジェクトポータル、タスクリスト、ガントチャート、掲示板などの機能により、プロジェクトの進捗状況をWeb上でリアルタイムに「見える化」することができます。他メンバーの業務や、ステータスを共有することで、課題への気づきや問題解決への自発的な行動を促がし、自律的なプロジェクトの運営を支援します。

■成果物と成功プロセスの共有・活用により、「質」と「スピード」を向上
ひびきプロジェクトは、プロジェクトの実施過程で作成されたあらゆる成果物をタスク毎にスケジュール上で一元管理し、全社で共有・活用できる点が大きな特長です。加えて、現場で練り上げられた成功プロセスを新しいプロジェクトに再活用する機能を備え、業務改善のPDCA(Plan Do Check Act)サイクルを継続して洗練していくことができます。プロジェクトの担当者個人が所有し、属人的な情報として埋没することが多いプロジェクトの成果物をはじめ、その作成過程やノウハウまで共有することで、業務効率を向上するとともに、現場の知恵やひらめきを活性化させ、プロジェクトの「質」と「スピード」を高めます。

■新たにAjaxを採用し、抜群に使いやすく
 ひびきプロジェクト ver.1.3は、プロジェクト一覧、タスク一覧、ToDo、タスク登録・編集、ユーザ選択、詳細表示などのインターフェースにAjaxを採用。画面遷移を抑えると同時に、一覧表示の画面レイアウトやサイドメニュー、管理メニューの構成をさらに洗練させ、操作性を向上させました。さらに、膨大なデータ処理のアルゴリズムを最適化し、データベースの負荷を軽減すると同時にパフォーマンスを飛躍的に向上。現場スタッフの誰もが、さらに快適に活用できることで、プロジェクトメンバーの協働を促進し、プロジェクト成果の最大化を支援します。

■発売日および価格について
 ひびき プロジェクト ver.1.3は、本日より発売を開始いたします。ライセンス価格は、10クライアントパック:800,000円(税抜)からです。


ドリーム・アーツ 『INSUITE Enterprise』について
社会に劇的な変化をもたらしたIT革命以降、情報とコミュニケーションの洪水による弊害が顕在化しています。ドリーム・アーツの『INSUITE Enterprise』は、企業活動に必要な情報とコミュニケーションを整流化し、生産性を向上する「ビジネス・コックピット」をコンセプトとした大企業・大組織向け企業情報ポータル(EIP)型グループウェアです。一切のプログラミング無しでポートレット化できる世界初の「ノンプログラミングEIP」機能、複数のID/パスワードを集約しアクセスを簡易化する強力な「シングルサインオン」機能、堅牢なセキュリティ、大規模運用が可能なグループウェア機能、ユニバーサルデザインに基づいた直感的で使いやすいインターフェース、他システムと連携可能な拡張性を備え、8万ユーザを超える日本最大規模のEIPとして日本郵政グループ(旧日本郵政公社)に採用されたほか、国内有数の大企業・組織で、情報共有やナレッジマネジメントの基盤として活用されています。


ドリーム・アーツ 『ひびき』について
バブル後の大不景気を経て、リストラ:構造改革やBPR、ERP、SCM等による大組織・企業の骨組みの改革に目処がついた組織・企業にとって、今後は毛細血管・末梢神経となるべき、あらゆるタイプの“現場”における変革が必要です。ドリーム・アーツは、“現場”における個人・チーム・組織が連携する“協業”を可能とし、生産性と付加価値創出を飛躍的に向上させる新世代協業型業務支援システム 『ひびき』を開発・提供しています。『ひびき』は、エンタープライズ規模での運用に数多くの実績を持つノン・プログラミングEIP 『INSUITE Enterprise』を基盤とすることで、圧倒的に高い機能とパフォーマンスを備え、現場からの協働革新を強力かつ円滑に推進します。


株式会社ドリーム・アーツについて
ドリーム・アーツは、1996年(平成8年)12月に設立されたeビジネスを支える多様な最先端ソリューションを企画・開発・販売する独立系ソフトウェア&コンサルティング・プロバイダです。「現場力の強化」をテーマに、大企業・組織向け企業情報ポータル『INSUITE Enterprise』、新世代協業型業務支援システム『ひびき』 などのソフトウェア製品事業をはじめ、システム開発・コンサルティング事業などITを基にした新しい価値を創造・提供することを通じて、社会の発展に貢献いたします。詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。



本件に関するお問い合わせ先:
株式会社ドリーム・アーツ
マーケティング部 朝倉 寛文
Tel: 03-5475-2502 E-mail: pr@dreamarts.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?