KDDI 「被災地支援 義援金サイト」の受注に関するお知らせ

日本エンタープライズ株式会社 2008年04月16日

 モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 植田勝典)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼会長 小野寺正)及び沖縄セルラー電話株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長 起橋俊男)が、社会貢献活動の一環として、大規模災害*1発生時に、被災地支援のために開設*2する義援金サイトの制作を受注いたしましたのでお知らせいたします。
 当社は、今後も各企業の特性を生かした携帯サイトの企画・構築・運用を拡大し、クライアントの企業価値の向上につながるモバイルソリューションを提供してまいります。


●「被災地支援 義援金サイト」の概要

 「被災地支援 義援金サイト」は、KDDI株式会社及び沖縄セルラー株式会社(以下、同社)が、社会貢献活動の一環として、大規模災害発生時に、被災地支援のために行う義援金サイトです。
 au携帯電話ご利用のお客さまに、au携帯電話から専用サイト*3にアクセス後、「オリジナルケータイ用壁紙」をご購入*4いただきます。
 同社は、その売上全額と消費税額とを合算し、被災地自治体等へ寄付します。
 (詳細は、同社が平成20年4月16日に発表したニュースリリース『「被災地支援 義援金サイト」の開設について』をご参照ください。)


*1:被災地に災害救助法が適用され、内閣府情報からの被災状況(被災者数・被災範囲・家屋等被害)等から、人道支援の必要性が高いと同社が判断する地震等の災害です。
*2:被災地の復興状況により前後しますが、約1ヶ月間開設します。
*3:www.gienkin.ezweb.ne.jp (au one トップページ、災害用伝言板、災害時ナビ等からリンク)
*4:「まとめてau支払い」を手続きいただく際に、パケット通信料がかかります。なお、この通信料相当額も同社が被災地自治体等へ寄付いたします。
上記以外については、同サイトのご利用に際し、情報料・パケット通信料はかかりません。

<参考:災害時ナビについて>
日本全国の広域避難所や主要道路などの地図を携帯電話にプリセットした上で、StandaloneGPSを活用し、災害時など通信ができない状態でも利用料無料で自分の現在位置を測位することで最寄りの避難スポットまでの方向や距離を知ることができるサービスです。

【アクセス方法】
EZもしくはau oneトップメニュー ⇒ EZサービスで探す ⇒ ナビ ⇒ 安心サポート ⇒ 災害時ナビ
または
データフォルダ ⇒ 災害時ナビ


●本件に関するお問い合わせ先

【報道関係の方】
日本エンタープライズ株式会社 総務部 広報・IR課 【担当:松本】
TEL:03-5774-5730  FAX:03-5774-5735  MAIL: ir@nihon-e.co.jp

日本エンタープライズPR事務局(ランドジャパン内) 【担当:久保・渡邊】
TEL:03-5793-3500  FAX:03-5793-3511  MAIL: nihon-e_pr@rd-j.com

【ケータイのサイト構築をお考えの企業・団体の方】
日本エンタープライズ株式会社 コンシューマービジネス部 【担当:吉田】
TEL:03-5774-4606  FAX:03-5774-4602  MAIL: consumer@nihon-e.co.jp


※ 「EZweb」「au one」は、KDDI株式会社の登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

被災地支援 義援金サイト (イメージ)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本エンタープライズ株式会社の関連情報

日本エンタープライズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?