導入支援プロフェッショナルサービス - FastStart - 提供開始

~アクチュエイト、新規導入顧客を支援するパッケージサービス「FastStart」を提供開始~

アクチュエイトジャパン株式会社 2008年04月28日

アクチュエイト ジャパン 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦大洋、以下アクチュエイトジャパン)は新規導入顧客を支援するパッケージサービス「FastStart」を開始いたしました。 アクチュエイトジャパンは2006年9月より日本国内でコンサルティングサービス「プロフェッショナルサービス」を提供してきました。 そのメニューの一環として今回発表する「FastStart」パッケージサービスは、Actuateを新たに導入するお客様にとって速やかにActuateプロジェクトを始動するための支援を受けることができるパッケージ化されたソリューションです。

アクチュエイト ジャパン 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦大洋、以下アクチュエイトジャパン)は新規導入顧客を支援するパッケージサービス「FastStart」を2008年4月1日より提供開始いたしました。

アクチュエイトジャパンは2006年9月より日本国内でコンサルティングサービス「プロフェッショナルサービス」を提供してきました。
そのメニューの一環として今回発表する「FastStart」パッケージサービスは、Actuateを新たに導入する顧客にとって速やかにActuateプロジェクトを始動するための支援を受けることができるパッケージ化されたソリューションです。

パッケージの内容は80時間(10日間)のオンサイトコンサルティングとなっており、アクチュエイトの経験豊かなコンサルタントが直接顧客の開発現場へ出向くフェイスツーフェイスのサービスを提供するものです。

本パッケージで提供されるメリットは以下のとおりです。

■迅速なインプリメンテーション
アクチュエイトの経験を積んだコンサルタントが、顧客の想い描いているアプリケーションの方向性とスケジュールに即した適切なガイドを行います。

■ナレッジトランスファー
顧客の担当開発者が、アクチュエイトのコンサルタントと身近で仕事をすることによってマニュアルやWebコンテンツといった文書からは得られない知識を得ることになります。

■リソースの有効活用
アクチュエイトのコンサルタントは、レポート開発者やデータアーキテクトといったプロジェクトに関与する顧客組織内の様々なロールのメンバーを、開発からデプロイメントのフェーズに亘って最も効果的にコラボレーションできるようにアドバイスを行うことで、プロジェクトを支援します。

■リスク低減
アクチュエイトの経験を積んだコンサルタントを利用することは、顧客アプリケーションの開発とデプロイメントに伴うリスクを大幅に低減します。
コンサルタントはプロジェクトチームへ製品の知識を伝達するためのパイプとして作用します。アクチュエイト社内に蓄積された技術は、コンサルタントによって伝達され、チームが最適なプロジェクト設計を構築するのを支援し、さらにプロジェクトの安定性と効率をもたらすことに寄与します。

■短期ROIの実現
アクチュエイト プロフェッショナルサービスは、これまでの1000以上に及ぶインプリメンテーションについての蓄積された知識および成功事例にアクセスできます。
コンサルタントは、顧客の重要なプロジェクトを成功へと導くという目標を共有し、アクチュエイト製品への投資を最大限に活用するべく支援します。


本パッケージで提供される成果物の例は以下のとおりです。
■技術文書
・システム設定書
・導入作業計画書
・導入作業報告書
・サービス提供内で適宜提供するサブジェクト別技術解説文書集

■開発物
・プロトタイプ仕様書/解説書
・レポートデザイン
・レポート × 5
・インフォメーションオブジェクト× 5
・データソース × 3


---------------------------------------------------------------------------------------

■「FastStart」が対象とするレポートテクノロジーは、BIRT、e.Spreadsheet、e.Reportです。

■本10日間のサービスの標準的なアジェンダを紹介します。
※実際はプロジェクトの様々な要因によって異なる可能性があります。

第1日: スコープの確認とアプリケーション要件の定義
・すべての定義済みの目的と要件をレビューし、プロフェッショナル・サービスと顧客の双方がFastStartで提供される内容について望むことに対して共通の理解を得ます。
・アプリケーションの要件および本サービスのスケジュールへのいかなる変更も文書化して記録します。
第2日: ソフトウェアインストールと構成
・アクチュエイト製品をインストールし設定します。
第3-4日: 開発環境構築
・本番環境/開発環境での本番データ/テストデータへの接続を行い実際の開発を行うための環境を準備します。
・開発者の生産性を最も高めるためにライブラリやフレームワークの設定を行います。
第5-7日: プロトタイプ開発
・本番データ/テストデータへの接続を行い、プロジェクト内で策定した仕様書に従ってプロジェクト開発の基礎となるレポートを構築します。
第8-9日: ナレッジの供与
・構築したプロトタイプに基づいたワークショップを行い担当開発者がご自身で開発が行えるようにレクチャーします。
第10日: ドキュメントのファイナライズ
・ラップアップミーティングを行い、成果物の最終レビューを行います。
・サービス期間内に懸案となったテーマに関するまとめを行います。

■提供可能時期と価格について
FastStartは、2008年 4月1日より提供開始いたしました。
価格は、2,350,000円(税別)です。FastStartの詳細については、#japan-sales@actuate.comにメールを送付いただくか、下記問合せ先までご連絡ください。

【問い合わせ先】
 アクチュエイト ジャパン株式会社
 営業本部 マネージャー
 平山 愉二
 Email: yhirayama@actuate.com
 Tel: 03-5456-5406
 ホームページ: (リンク »)

アクチュエイト ジャパンについて(Actuate Japan Co., Ltd.)
アクチュエイト ジャパン株式会社は、企業パフォーマンスの飛躍的な向上を支援するビジネスインテリジェンス、エンタープライズ レポーティングおよびパフォーマンス マネージメント アプリケーションの世界的なリーディングカンパニー、米国アクチュエイト社(米国カリフォルニア州サンマテオ、NASDAQ:ACTU)の日本法人(設立:1996年)です。主力製品「Actuate」は、エンタープライズ環境における全てのアプリケーションに、業界最高クラスのスケーラビリティ、信頼性、柔軟性、パフォーマンスを備えたレポーティングやBI機能を提供し、あらゆるユーザ(従業員、パートナーおよび一般顧客)に対し、簡単にアクセスでき容易に理解することができる情報を提供します。全世界で4200社以上(国内では440社以上)の企業に採用されています。
 アクチュエイト社は米国で1993年に設立されました。ワールドワイドにビジネスを展開しており、日本をはじめ、シンガポール(APAC)、中国、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスに拠点を展開しています。
(米国本社 : (リンク ») 日本: (リンク ») )



「Actuate」は、アクチュエイト社の登録商標です。その他の社名やトレードマークは各企業の所有するトレードマークです。
© 2008, Actuate Corporation.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR