【Y!ケータイ(R)向け】 RPGの新ジャンル『miniRPG100』を配信開始

スミスアンドモバイル株式会社 2008年05月01日

スミスアンドモバイル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:羅 鍾九 以下、スミスアンドモバイル)は、ソフトバンクモバイルのY!ケータイ(R) 対応携帯電話向けゲームコンテンツ「●ゲームサプリ●」にて、2008年5月1日 全く新しいRPG『miniRPG100』を配信開始致します。

----------------------------------------------------------

【S!アプリ】 RPGの新ジャンル『miniRPG100』を配信開始

----------------------------------------------------------

スミスアンドモバイル株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:羅 鍾九
以下、スミスアンドモバイル)は、ソフトバンクモバイルのY!ケータイ(R)
対応携帯電話向けゲームコンテンツ「●ゲームサプリ●」にて、2008年5月1日
全く新しいRPG『miniRPG100』を配信開始致します。


【ゲーム詳細】
●アプリ名 : miniRPG100
●情報料  : 従量課金 315円(税込)
●ジャンル : SRPG/TCGバトル/パズル/ミニゲーム

様々なジャンルのゲームを融合させた新たな複合RPGゲームです。
本格的なストーリーを軸に、SRPG/TCGバトル/ミニゲームなど合計8つのジャンルの
ゲームバトルを行いながら、キャラクターを育成していきます。
60種類以上の敵キャラとボスキャラとの対決は、従来のRPGで見られる
バトルでの『飽き』がこず、毎回新鮮にバトルをお楽しみ頂けます。
更に、アイテムや装備、カードは充実の100種類以上を搭載。
やり込み要素も加わってさらにゲームを盛り上げます。
様々なジャンルのゲームを導入した事で、今まではRPGに疎遠だった方でも、
気軽にお楽しみ頂く事が可能になりました。
そして、初心者の方にも優しいシンプルなインターフェイスでラクラク操作。
RPGの新時代の第一歩をこのアプリで体感してください。



【ストーリー】
AC800年―
『すべての森と草原が眠りにつく頃、新たな勢力がハーネス地方に目覚める。
その勢力は王国全土へ広がり、新たな世を支配者となろう…マテイオス』
大予言者・マテイオスの告げた、様々な予言は、一度たりとも外れたことがなく
彼が亡き後も後世に語り継がれていた。
そして・・・
ついに彼の予言書に記されたAC800年がやってくる。
街は予言に脅え、混乱を極めていた。
予言に混乱する民衆の平和を守るため、ハーネスの国王が出した答えは、
予言通りになるのを待つのではなく、その存在を探し出して迎え撃つ事。

自由気ままな放浪の旅の途中、ジャンビノアは偶然通りかかった町で、
その戦いに借り出される事になってしまう…




【サイト概要】
●サイト名 : ゲームサプリ
●配信開始日: 2008年5月1日
●対応機種
  S!アプリ 256K、256Kver2、ソフトバンク3G  ※一部機種は非対応。
  ※詳細はサイトにてご確認ください
●アクセス
  [ メニューリスト ] ⇒ [ ケータイゲーム ] ⇒ [ ゲームパック ] ⇒ [ ●ゲームサプリ● ]




+本件に関するお問合わせ+++++++++++++
スミスアンドモバイル株式会社
東京都渋谷区円山町5-6道玄坂イトウビル5F
TEL  : 03-5459-6577
FAX  : 03-5459-6576
担当 : 西
URL  : (リンク »)
E-MAIL: support@smithnmobile.jp
+++++++++++++++++++++++++

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

スミスアンドモバイル株式会社の関連情報

スミスアンドモバイル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?