NHK福島放送局は、xTera社が開発したWANロードバランサーを利用し、 ブロードバンド回線を介した放送局と支局間のHDTVの高速映像伝送に成功

AscenLinkのTunnel-Routingソリューションが、複数のブロードバンド回線を利用した IPバルク伝送によるWAN高速化を実現し、HDTVの高速映像伝送を可能に。

ハイテクインター株式会社 2008年05月02日

通信会社が有益に広帯域サービスの提供を可能にする世界最高レベルのソリューションを提供し、かつネットワーク管理機器のリーダーであるXtera Communicationsが次の内容を発表した。NHK福島放送局では放送局と支局間におけるクリティカル・アプリケーションの最適なパフォーマンスの達成と持続のため、同社のソリューションと製品に目を向けた。


NHK福島放送局のネットワークは、IP網の帯域幅とロードバランスの問題に直面していた。例えば、支局がHDTV(MPEG2-TS)などの特に容量の大きいファイルを転送時に、20メガビット/秒以上の接続速度が必要であるが、放送局-支局間では12-15メガビット/秒のパフォーマンスしかでないため、データ損失や許されない遅延を起こすこともあった。このようなネットワークの問題は、NHK福島放送局の検討課題になっていた。


NHK福島放送局は、WAN回線のロードバランス問題を解消する為、Xtera社が提供する複数のWANリンクを統合し帯域幅を増強するソリューションに目を向けた。NHK福島放送局は、情報検索からXtera社が独自に特許を取得したAscenLinkのTunnel-Routing機能が、自らのニーズに応えるソリューションであることを知った。


Tunnel-Routingは、WANロードバランス、およびWANフォールト・トレランス機能を兼ね備え、類い希な安全性、スピード、またパケット毎に安定したデータ伝送を実現させていた。



Xtera Communicationsについて
通信会社が企業毎のニーズに合わせた有益な広帯域サービスを最も低いビット単価で維持・提供できるネットワーク・ソリューションを提供します。Xtera 社は堅実なビジネス手法と生産能力、範囲、使いやすさ、そしてサービスという魅力的な利点を兼ね備えた価値を提供します。


ハイテクインター株式会社について
ハイテクインター株式会社は、企業用・産業用に費用対効果と信頼性が高いネットワーク機器、xDSLモデム、簡単LAN延長およびアナログモデムを販売・サポートし、高度情報化社会に必要とされる新しい価値を提供します。

このプレスリリースの付帯情報

NHK福島放送局様 AscenLink導入事例

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ハイテクインター株式会社の関連情報

ハイテクインター株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?